芸能

前のめりのレポーターを駆逐した松田聖子「離婚疑惑対応」職人ワザ/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 私は一時期、女性週刊誌で松田聖子の番記者をしていた。したがって、言い方は悪いのだが、彼女の記者会見を「嫌というほど」取材してきた。だからこそ痛感するのが、彼女の芸能マスコミを巧みに誘導する力。つまり、聖子は自分がどう動けばマスコミがどう動くかを熟知し、マスコミの「餌食」にされていると思わせながら、実はマスコミの方こそが、彼女の掌で踊らされている…そんなすべを持つ、類稀なるスターなのである。

 最初の夫・神田正輝との離婚危機、別居問題が報じられる中、実に5年4カ月ぶりに記者会見に臨んだのは、96年2月23日だった。聖子はこの年秋、全米でも公開予定の日米合作映画「サロゲート・マザー」に出演。PRのため、久しぶりに登場したのだ。

 物語は、不妊症に悩む日系アメリカ人キャスターのナオミ(聖子)が夫と相談の末に代理出産を決意し、ある代理母を選んだことから不可解な事件が起こり始める、というサスペンス。しかし、集まった300人を超える報道陣にとって、映画の内容は二の次三の次。エスカレートする陣取り合戦、そして離婚問題について聞きたくてウズウズするレポーターたちのテンションは爆上がり。会場は早くから異様な熱気に包まれていた。

 そんな中、主演を務めるハリウッドの新進女優、プロデューサーとともに、聖子が登壇。

「久しぶりに女優をやったのでかなり緊張しましたが、気軽な感じでできて、本当にいい経験でした」

 そう語るや否や、彼女ひとりに質問が集中。さらにしばらくして、あるレポーターが「ところで聖子さん、正輝さんとは…」と口火を切ったものだから、大変だ。

 事前に主催者が「映画以外のプライベートなことは絶対に聞かないで下さい」と釘を指したにもかかわらず、会見場は完全に「聖子、離婚疑惑を語る」の現場と化したのである。

 とはいえ、さすがは聖子。芸能マスコミからの直球に、

「皆さんが騒いでいるだけ。私たちには何の問題もありません」

 と笑って否定。さらに当初、映画でOKしたと報じられたヌードシーンについても、

「肉体派女優ではないですから、求められていないのでは」

 軽くいなす余裕を見せたのである。結局、会見は20分で終了。ワイドショーデスクが苦笑いしながら語った、こんな言葉を覚えている。

「アメリカ進出によって日本での出演が減り、爆発的に売れていた頃に比べれば、聖子人気に翳りが見えていたことは事実。なので彼女にとっても、この会見はある意味、賭けだったはず。だからあえてオンエアでカットされないよう、スキャンダルに関する質問もうまく入れ込みながら答えた。しかも、あの受け答えは全盛期以上。進化した彼女には脱帽ですよ」

 やっぱり「松田聖子」、恐るべしなのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言