芸能

ひな壇美女タレント「ライバル相関図」2022<モデル編>「1人で笑いを取れる」滝沢カレンを若手芸人が敬遠

 テレビで活躍している芸能人には、モデル出身者や現役モデルが少なくない。女優の新垣結衣(34)や本田翼(30)、川口春奈(27)などもそうだが、こうした流れは、バラエティータレントも例外ではないのだ。

 美人モデルたちが重宝される理由は何か。その舞台裏を芸能評論家の三杉武氏が分析する。

「ここ数年、男性のテレビ離れが顕著で、主な視聴者は女性、特に高齢者や主婦層が大半を占めています。テレビ局は若者を取り込むのに必死で、若者の支持が高いモデルに注視している。ファッション誌で活躍している人気モデルが出演すれば、若い女性たちがテレビを見てくれるのではないかと皮算用をしているんです」

 数多いモデル系タレントの中で、三杉氏が最も注目するのは滝沢カレン(30)。その実力は、若手芸人たちも恐れるほどで、

「『伯山カレンの反省だ!!』(テレ朝系)や『横澤×カレン』(読売テレビ)などの冠番組を持っていたように、独特の存在感がある。サッカーでたとえるなら個人技に優れ、得点力も守備力も高いブラジルと言えます。1人で大爆笑を取ることもできますし、それでいてどことなく品がある。『厳しいおばあちゃんに育てられた』というエピソードも高齢層や主婦層に好かれる要素ですね」

 芸能界に友達が少ないことを公言し、唯一、お互いが親友と認め合うのがみちょぱ(池田美優・24)と藤田ニコル(24)。同じモデル系でもこうした“ギャル系”の台頭も著しい。ひと昔前までは視聴者に受け入れられず、金髪を黒髪にするなどの路線変更を余儀なくされたものだったが、

「ギャル系タレントのイメージを変えたのは、やはりこの2人でしょう。いずれも他人をイジることでその場を成立させるツッコミタイプですが、みちょぱは、今年10月に俳優の大倉士門(29)と結婚。売れる前から交際しており、純愛を貫いたことで好感度がさらに上がりました。しかも母親と仲がいいという今の視聴者に受けるエピソードもある。そういうところは滝沢と共通していますね」(三杉氏)

 一方のニコルには「芯の強さを感じる」と前置きして三杉氏が続ける。

「彼女は新型コロナに2回感染していますが、最初に感染した今年2月、ツイッターに『職業柄マスクを外す機会が多いから守りようもなくて毎日ひやひやしてる』『何か少しでも対策が変わればいいなと思う。マスクは大事です』と書き込んだ。当時、同じように不安を抱いていたタレントは多かったはずですが、テレビ局に忖度して、なかなか言い出せなかった。こうした真っ当で強気の姿勢も、視聴者から信頼を得ている部分だと思います」

 ギャル系モデルでは、生見愛瑠(20)やゆうちゃみ(古川優奈・21)も躍進中だ。特にゆうちゃみは「2022年上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター調べ)で1位に輝き、みちょぱの後釜とすら思わせるほどの活躍を見せている。

「ゆうちゃみは比較的、昔ながらのギャル系。天然でそれほどトガッた部分はないものの、ツッコミ系で攻めに強い印象です。生見はそれよりソフトで、ギャルとお嬢様の中間といった感じ。その分、ゆうちゃみよりも生見のほうが視聴者に受け入れられている印象を持ちます」(三杉氏)

 ちなみに、みちょぱ、ニコル、生見、ゆうちゃみの4人は、10代向けファッション誌「Popteen」の専属モデルを務めていたことがある、いわゆる先輩・後輩の間柄だ。

「モデル業界も意外と団体競技なんです。先輩・後輩の縦社会で、その点は芸人の世界にも似ている。モデル時代に現場の空気の読み方などを自然と学び、それがテレビ番組でも生きているのではないでしょうか。佐藤栞里(32)もモデル出身ですが、彼女はどちらかというと女子アナのようなタイプ。実際『王様のブランチ』(TBS系)では総合司会を務めていますからね」(三杉氏)

 モデルからバラエティーに進出する流れは、当分続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに