スポーツ

芸能界も絶賛!W杯・本田圭佑の解説がとんでもなく面白いのはなぜか

 世紀の一戦に花を添えた見事な解説に、各界から称賛が集中した。元サッカー日本代表・本田圭佑が11月23日、カタールW杯の日本vsドイツ戦で、現地から熱い解説を届けたのだ。

 10年南アフリカ大会から18年ロシア大会まで3大会連続でW杯に出場し、日本人最多の4ゴールを決めた本田。今大会は解説者としての参戦で、2-1と逆転勝利を収めたドイツ戦での仕事ぶりに「日本トップクラスの解説」と称える声が上がっている。

 ドイツは試合開始時点での陣容から、前半途中に大きくフォーメーションを変更するなどし、随所で日本は大いに苦しめられる展開に。これを「守備が全くハマってないですね」と危惧した本田は、前半40分の時点で「5バックにして、3ボランチにすればいいんですよ」と戦術変更を提案。するとその数分後、実際に森保一監督はDF冨安健洋をアップさせ、後半からピッチに投入。システムは本田の指摘通り、5バックに変更され、その後の大逆転劇に繋がった。

 また、戦術面以外でも現役選手の目線から「寄せろ! 寄せろって!」「ボールを見ろよ!」などとゲキを飛ばす。副審のオフサイド判定が遅れた場面では「どう見たってオフサイドやん」「副審がオフサイドじゃない、みたいな雰囲気出してるんですよ」などと興奮。理論派としての一面と、感情の高ぶりをバランスよく交じえながら、初心者にも分かりやすい解説でスタジオを盛り上げた。テレビ関係者が言う。

「試合中からSNSには『本田の解説』なるワードがトレンド入りし、『ここまで面白い解説は初めて』との投稿が続出しました。芸能界からも称賛の声が寄せられ、ABEMAで大会公式ソング『一斉ノ喝采』を歌うLiSAは、本田の解説を『めちゃわかりやすくて楽しい』とツイート。お笑いコンビ『かまいたち』の濱家隆一も、感謝の言葉を綴りました」

 一方、同じレフティーの本田と現役時代からライバルとしてやり合った中村俊輔氏も、フジテレビ系で中継されたモロッコvsクロアチア戦で解説者デビュー。

「ただ、その声の小ささには『音量が中森明菜レベル』とのツッコミが。声の張りや初心者への分かりやすさでは、本田に軍配が上がったといえますね」(テレビ誌記者)

 本田の選手としての経験値や危機察知能力が、解説でも上手く生かされているのではないだろうか。

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論