芸能

あのスーパーアイドルが「20歳のお見合い」「オトコ言い寄り処理法」を驚愕カミングアウト!

 酒場で一杯やりながらあけすけトークを展開する「二軒目どうする?~ツマミの話~」(テレビ東京系・深夜0時55分~)の、11月27日のゲストは菊池桃子だった。MCの松岡昌宏(TOKIO)と博多大吉(博多華丸・大吉)はドンピシャ世代ということもあり、最初からテンション高めである。

 桃子の父親は厳しく、中学時代は部活禁止だった。漫画「エースをねらえ!」が好きで、兄もテニス部に所属していたことで、ラケットのおさがりをもらうことも決まっていた。「やった!テニス部入って岡ひろみみたいになるんだ!」と思うのも当然のこと。ところが父親から「桃子は部活禁止だからな。中学生になっても、門限日没」と言い渡されたのである。

 そんな厳しい父親では、芸能界に入ることなどもってのほかだったのではないか。やはりというか「とにかく『やめろ!』『だめだ!』って」と回想する桃子。松岡も「そりゃそうでしょ。部活がダメなのに、芸能界なんて」と納得顔だ。

 しかし、ここで桃子の母が助け舟を出す。「もしかしたら、桃子の人生を左右するようなことかもしれないから、一応、桃子の話も聞いてみましょう」ととりなしてくれ、無事、芸能界入りできたそうである。

 晴れて芸能界入りした桃子、デビューと同時にドラマ、映画、歌手デビューと破竹の勢いで活躍し、誰もが知るスーパーアイドルになったわけだが…。

 当時について、大吉が「アイドル全盛の頃って、なにもできないでしょ。恋とか」と質問し、松岡が「でもしたんでしょ。コソコソ」とかぶせる。

 このやりとりを機に、飲みの席は驚きの空気に包まれることになる。なんと、「コソコソっていうか、私、20歳の時に親の勧めでお見合いしてるんですよ」と爆弾発言をブチかましたのだ。

 トップアイドルとして活躍していた頃の「今だから話せる」的な恋愛事情を聞くつもりが、まさかの展開に。

 さらに「まさか」だったのは、そのお見合いを相手に断られたということ。「それなりの資産をお持ちのお家で、ちょっと年上のお兄さん」だったのだが、「お会いして断られたので、すごい衝撃でした。『足りないものって何ですか!』っていう…」と、桃子はいまだに納得いかない様子なのだった。

 衝撃の展開は、この後にもやってきた。

 音楽番組「夜のヒットスタジオ」出演時のこと。桃子は共演者からよく電話番号を書いたメモを渡されたのだが、なんとそれを事務所社長に渡していたというのだ。松岡が「いちばん、男が恥ずかしいパターン」と苦笑するのも当然だろう。

 そんな桃子も54歳。およそ三十数年の時を経てのカミングアウト連発に、アイドルたるもの、かくあるべしと思った。たとえお見合いをしようとも(そして相手に断られようとも)、そんなことをファンに知られてはいけない。恋愛に繋がりそうなことは社長に知らせて、前もってトラブルを回避する。この危機管理能力の高さ。「におわせ」だの「タテ読み」だのでファンをやきもきさせるようなのは、アイドル失格だ。

 先日もAKB48の岡田奈々が俳優・猪野広樹との交際を報じられ、謝罪するとともに卒業を発表した。これを受けて、AKB48グループ3代目総監督の向井地美音は自身のツイッターに「『恋愛禁止』というルールについて改めて考え直す時代が来た」とも。

 別にアイドルが恋愛しようとしまいと構わないが、アイドルを名乗り、ファンに夢を与えて稼いでいるのならば、それこそ桃子を見習ってほしい。もっとも、桃子や当時のアイドルに比べ、今のアイドルは質より量で、どれもこれも小ぶり。そこまで期待するのも逆にどうかとも思うが。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに