スポーツ

流行語大賞「村神様」選出に「村神って誰?」「口から発したこともない言葉」のドッチラケ

 大賞やトップ10が決まったら決まったで、様々な意見が出るのが、毎年恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」だ。22年の年間大賞には、プロ野球で三冠王に輝いた、ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手の神がかった活躍を称した「村神様」が選ばれた。

 これに一斉に納得したのは、プロ野球ファンだ。「今年はこれだと思った」「坂本のアレじゃなければ、コレしかない」というものである。一方で、とんだ反応も続出しているという。エンタメ誌ライターが苦笑する。

「若い世代からは『村神って誰?』の声が少なくありません。実際、あるアンケートでは、女子中高生は大谷翔平のことは知っていても、村上の顔も名前も知らない子が大半という調査も出ています。メディアの認識と乖離している感は否めません。また『村神様』は普段の会話で使わない言葉ですから『口から発したこともない言葉が流行語っておかしすぎる』『これってスポーツ新聞の見出し大賞じゃん』という批判も目立ちますね」

 なるほど、そういえばそうか、とも思えるこの意見。

 今回の「村神様」には、同じくヤクルトスワローズ絡みで15年の大賞に選ばれた「トリプルスリー」以来の失望、との声のほか、選考委員特別賞に選ばれた「青春って、すごく密なので」も含めて「野球ばっか」「選考委員の時代遅れ感がすごい」など、またまた野球から選ばれていることにブーイングが浴びせられた。

「19年の『ワンチーム』のように、スポーツ分野から選ばれることも多い流行語大賞ですが、特に野球から選ばれる年は『野球ファン以外は置いてきぼり』と批判が多いように思います。スポーツに興味のない女性がそこそこの割合でいますから、野球から選ぶ場合は『ハンカチ王子』ぐらい国民を巻き込んだ時だけでもいいのでは、と思いますね」(前出・エンタメ誌ライター)

 来年の審査員の面々ははたして、世間の声を考慮するのか──。

(山田ここ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに