スポーツ

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「81年末の衝撃!ハンセンが全日本に電撃乱入」

 新日本プロレスがアブドーラ・ザ・ブッチャー、タイガー戸口、ディック・マードックを引き抜けば、全日本プロレスはタイガー・ジェット・シン、上田馬之助、チャボ・ゲレロ、アニバルを引き抜き、1981年はかつてない企業戦争が繰り広げられたが、クライマックスは全日本の年間最終戦の12月13日、蔵前国技館での「世界最強タッグ決定リーグ戦」最終戦だった。

 3日前の12月10日まで新日本の「第2回MSGタッグ・リーグ戦」に参加していたスタン・ハンセンがドリー&テリーのファンクスと戦うブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカのセコンドとして登場、場外でテリー・ファンクにウェスタン・ラリアットを見舞ってブロディ組の優勝に一役買ったのだ。

 試合後にはジャイアント馬場がリングに躍り込んでハンセンと乱闘、翌82年にハンセンが全日本を戦場にすることが明らかになった瞬間だった。全日本は結果的にシン、ハンセンという新日本の看板外国人選手2人を引き抜いたのである。

 実は、このハンセンの電撃移籍は半年前から決まっていた。5月8日にブッチャーを引き抜かれた馬場は7月3日には報復としてシンを全日本のリングに上げたが、それ以前にハンセンをすでに獲得していた。馬場がシンとカナダのトロントで契約したのは6月18日だが、ハンセンを口説くのに成功したのはその3日前の6月15日のテキサス州ダラス。つまり馬場はハンセンを口説いた後にシンと会っていたのだ。

 ハンセン引き抜きに動いたのは、ハンセンをプロレスにスカウトしたテリー・ファンク。テリーはハンセンにとってウェスト・テキサス大学の先輩であり、プロレス界では恩人だった。

「私は新日本、テリーは全日本で働いていたが、たまたま同時期に日本に来た時にはプライベートで食事をしたり、酒を飲んだりする仲だった。だから、いきなりテリーから電話がかかってきても驚きはしなかったよ」とハンセンは言う。

 6月15日、ダラス・フォートワース国際空港に隣接するホテルの一室で馬場、ハンセン、テリー、日本テレビの原章プロデューサーの4人によるミーティングが行われ、新日本との契約が残っている12月シリーズまでのスケジュールを消化した上で、全日本の最終戦に来るということで合意。そして、試合をしなくても日本テレビの全日本中継に映れば違約金が発生するため、12月13日に全日本の蔵前に来る前に違約金を払うという筋書きだった。

 この席でハンセンは馬場に「今まで新日本でやってきて、そこで出来上がったスタイルを変えるつもりはないが、それでもOKなのか?」と尋ね、馬場は「私もそれを望んでいる。ぜひそうしてほしい」と返答。馬場は全日本に新日本的な要素を取り込むことを考えていたのである。

 ハンセンはその後、6月24日の両国でブッチャーとタッグを結成してアントニオ猪木&谷津嘉章と戦ったり、9月23日の田園コロシアムではアンドレ・ザ・ジャイアントとスーパーヘビー級の名勝負を演じて、新日本のトップ外国人として輝きを見せたが、その時点で全日本への移籍が決定していたと思うと、馬場の作戦は見事と言うほかない。

 ハンセンはウェスト・テキサス大学の先輩であり、かつてルイジアナ地区でタッグを組んでいたブルーザー・ブロディが移籍をどう思うかを気にかけていた。

 11月から12月にかけてハンセンは新日本、ブロディは全日本に参加。11月30日に新日本は岡崎市体育館、全日本は愛知県体育館で試合があり、どちらも宿舎は名古屋というタイミングでハンセンはブロディとコンタクトを取って全日本移籍を打ち明けた。

「打ち明けると、彼は了承してくれた。だが、馬場や全日本のオフィスから何も説明がないことが気に食わなくてナーバスになっていた。もちろん全日本は彼をトップガイとしてプッシュしていたが、ブッチャーが新日本に来た時、何も説明を受けていなかった私が傷つけられたように、フランク(ブロディの本名=フランク・グーディッシュ)も同じ思いを抱いていたんだとわかった」(ハンセン)

 ハンセンは12月10日に大阪で新日本のスケジュールを全て終えた後、12日の全日本の横須賀大会に来場してマスコミを驚かせた。

 控室でブロディと密談すると「今日は久々にフランクと話がしたくて来ただけだから、大騒ぎしないでくれ。明日にはアメリカに帰る」とコメント。試合を終えたブロディ、スヌーカと一緒の車で会場をあとにした。向かった先は馬場夫妻、ファンクスが待つ高輪東武ホテルだ。ここでミーティングが持たれ、ブロディもスヌーカもハンセンの移籍の説明を受けて了承。そして蔵前当日を迎えた。

 テーブル上のビジネスは前日まで。ハンセンは恩師テリーを容赦なく場外でKOすると、馬場に宣戦布告した。ハンセンのターゲットは猪木から馬場になったのである。

小佐野景浩(おさの・かげひろ)元「週刊ゴング編集長」として数多くの団体・選手を取材・執筆。テレビなどコメンテーターとしても活躍。著書に「プロレス秘史」(徳間書店)がある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴