社会

梅雨時に大増殖の水虫は塩で撃退できる!

 梅雨時から夏にかけて急増するのが水虫。そしてなかなか人に言えず1人悩んでいるのも水虫の特長なのだが、治療は対処療法が多い。元から正さないと再発を繰り返すこの病気の治療・予防には、なんと塩がいいという。

 Japan Foot Week研究会が最近行った調査では、日本の水虫患者数は約2,500万人と推定されている。もはや国民病とも言える病気といえる。

「水虫は、白癬菌と言われる感染菌が繁殖して症状が出る。白癬菌の好物は、皮膚の表面の角質や爪にある“ケラチン”というたんぱく質。高温多湿を好みます」(ノーエチ製薬・池田善博氏)

 角質はアカとなってはがれ落ちるため、白癬菌がついたアカがまき散らされ、それを素足で踏んで感染することも多いのだ。この白癬菌は傷口からも入り込む。健康サンダルのイボイボで足に傷ができ、そこから菌が入り込むこともあるから油断はできない。しかし、この水虫の治療・予防に塩がいいという。

「伯方の塩」創業者の故・松本永光氏は、著書などでこう述べていた。

「塩に含まれるミネラル成分で、皮膚の成分が溶かし角質層をとる。10年来の水虫が治ったなど効果は大きい。やり方は簡単。塩をよく水に溶かし、患部をよくマッサージするだけ。またぬるい塩水に足をつけるのもよい」

 ただし、塩はミネラル分を多く含む天然塩に限るそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬