社会

埼玉・飯能「3人殺害事件」木村太郎が不適切発言で漏らした「言っちゃいけないのか」

 12月25日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で、コメンテーターの発言が「一部不適切だった」として、アシスタントの三田友梨佳アナが謝罪する場面があった。

 番組では、埼玉県飯能市の住宅で男女3人が殺害された事件を報道。番組途中で「40代の男を身柄確保」の速報を伝えた。

 その後、逮捕された容疑者が飯能署に移送される映像が流され、司会の宮根誠司に振られる形で、ジャーナリストの木村太郎氏がコメント。しかしその後に三田アナが、「先ほど埼玉の事件についてお伝えした中で、コメンテーターから一部不適切な表現がありました。逮捕された男について一部不適切な表現がありました。お詫びいたします」と謝罪したのだ。テレビ誌ライターが語る。

「木村氏の他にももう一人コメンテーターがいましたが、そちらは差し障りのあるようなコメントはしていない。おそらく、木村が容疑者について、『刑事責任を問えるのかどうか。そういう問題も、もしかしたら…顔見たらそんな感じしたんですけどね』とした発言でしょう。その直後に木村氏は『言っちゃいけないのか』などとしていましたが、明らかに偏見と思われる内容を含んでいる。SNS上でもすぐに指摘が飛び交うほど目立った発言でした」

 木村氏は20年、同局の「Live News イット!」に出演した際も、コロナ禍で街に出歩く若者の映像を見て「若者はオレを殺す気か」などと発言し、こちらも完全に「老害」扱いされていた。

「ご意見番として重宝されるのはわかりますが、木村氏もすでに84歳。夕方の報道番組ならまだしも、『Mr.サンデー』は日付が変わろかという時間帯で、今回も滑舌が怪しい中での発言でしたからね。オファーする側は、そろそろ起用法を考えてもいい頃なのでは…」

 木村氏も批判などは慣れたもの。老害扱いなど痛くも痒くもないのだろうが、取り返しのつかない致命的な失言だけは避けてもらいたいものだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」