スポーツ

テニス錦織圭は「挙式の喜び」に浸ってる場合じゃなかった…「世界ランク圏外」惨状と妻の「評価」

 テニスプレーヤーの錦織圭が12月26日、自身のSNSで、20年12月に結婚を発表していた元モデルの妻・舞さん(旧芸名=観月あこ)との結婚式と披露宴を、クリスマスイブの24日に行ったと報告した。

 投稿では、タキシード姿の錦織とウェディングドレスを着た舞夫人のペア写真が投稿され、これまでコロナ禍で開催ができなかったものの、ようやく執り行うことができたと喜びを綴っている。

 2人の熱愛は、15年に女性誌が報道。しかし、17年には錦織の父親が「週刊新潮」の取材に応じ、結婚について「そんなもん全然、想像したくもない」。舞さんについても「悪いことしか聞かないからね」などとコメントし、猛反対の姿勢を見せていた。スポーツライターが語る。

「それも無理もない話でした。なにしろ、錦織のカードを使って散財しているとの噂が出たり、刺青の入った男性との飲み会の写真が拡散するなど、評判がすこぶる悪く、彼女が結婚したくてもできない状況にあったんです。結局、そうした周囲の反対を押し切っての結婚となりましたが、献身的に錦織を支える姿を見て、錦織の両親も見直したとも伝えられている。21年5月には第一子をもうけ、今は幸せな家庭を築いているようです」

 ただし問題は、錦織のテニスプレーヤーとしての成績である。今回の報告では「これからまた世界トップの舞台に戻るために、一生懸命頑張ります」としているが、

「錦織は17年あたりからケガに悩まされ続け、19年には右ヒジを手術。翌年には右肩を故障した。今年は股関節痛による内視鏡手術を受けており、21年10月以降、一度も試合に出場していません。結果、今年10月には約12年6カ月ぶりに世界ランキング圏外に陥落した。舞夫人に対する『サゲマン』との評価が広がる事態となり、錦織としても挙式の喜びに浸っている場合ではないのです」(スポーツ紙デスク)

 挙式を区切りに、家族のためにも奮起できるか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白