社会

あなたはわかりますか?「爪痕を残す」は災害時のネガティブ語…タレントの「大間違いな日本語」を右翼が一刀両断

「最近はお笑い芸人だけでなく、れっきとした局のアナウンサーまでもが『番組で爪痕を残す』などと言っているのを見て、不快でしかありません。本来、『爪痕を残す』というのは、事件や台風、災害が残した被害や影響を示すネガティブな言葉。成果を出すというニュアンスで使っているのが信じられない」

 こう話すのは、民族派団体に所属する右翼男性A氏である。

 乱れた日本語について、こう続ける。

「ヤクザ映画などでヤクザが『筋を通せ』とすごんでいるシーンがありますが、現役ヤクザはほとんど使いません。実際、ヤクザ社会は筋が通らないことばかりで、組織や上の人間の言うことには絶対服従ですから」

 こうした誤用は日常的にいくらでも散見され、テレビ番組ではタレントら出演者やコメンテイターが乱発。

 例えばよく使われる「姑息」とはどういう意味だろうか。「姑息な手段で」などと「卑怯な方法、汚い手を使う」との意味で使われているが、本来は「その場しのぎ、一時的な間に合わせ」を指す。

「彼には役不足だ」という言い方にしても「その人物の器や能力に対して、役割が足りない、低い、不満を持つ」が正解だ。人物の実力不足ではない。

 さらには、あの国際政治学者にまで、A氏の批判は及ぶ。

「三浦瑠麗氏が朝のワイドショーで日本の出生について『しゅっせい』と発音し、ネットニュースでは『出世』と文字起こしされていました。三浦氏はTwitterでその記事を引用して『出生です』と訂正していましたが、そもそも『しゅっせい』ではなく『しゅっしょう』が一般的。戦時下の『出征』との区別をつけるためです」

 日本語は奥が深いのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」