社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<腱鞘炎>スマホの長時間使用で親指が動かない恐れも

 スマホの長時間使用によって「腱鞘炎」を発症する人が増えているという。

 これは筋肉と骨をつなぐ腱と腱をつなぐ腱鞘が擦れ合うことで炎症を起こしてしまう病気。「腱鞘炎」の中でも、スマホの使いすぎは「ドケルバン病」である可能性が高い。これは「スマートフォンサム」とも呼ばれ親指の使いすぎなどによって起こる。

 発症すると親指の側に痛みや腫れ、熱感などが現れる。特に親指を広げたり、反らしたり、動かしたりすると、強い痛みが出る。放置しておくと、痛みが強くなり、親指が動かせなくなってしまい、日常生活に支障をきたす恐れもある。

 早期発見には自分で気軽にできるチェックテスト「アイヒホッフテスト」を利用して「ドケルバン病」の有無を確認するといいだろう。まず、利き手をまっすぐに伸ばし、親指を中に入れて手を握り、そのまま手首を小指のほうに傾ける。この動作が痛みのためにできない場合は「ドケルバン病」の可能性が高い。指の動作自体はできるが、わずかに痛みがあるという場合も、「ドケルバン病」に発展してしまう危険性があるため要注意だ。

 予防法は、日頃から腱に負担をかけないスマホの持ち方がポイントだ。

 正しい持ち方は、「両手でスマホを持って両手で操作する」「スマホを片手で持って両手で操作する」。どちらの持ち方も手指にかかる負担を分散することができ、操作のための動きも無理のないものとなる。多くの人がしている「片手で持って、その手で操作をする」という方法は、最も手指に負担がかかるため止めたほうがいい。その際にスマホの下を小指で支える持ち方もNGだ。小指の負担が多くなり変形する恐れもある。

 他にも、スマホを強く握りすぎない、長時間の連続使用は避けることなども予防法として有効だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」