芸能

中山秀征がついに「太川陽介」になる!唯一の生き残り「路線バス旅」の新たな相方は…

 昨年8月放送の第19弾が失敗に終わり、田中要次と羽田圭介が降板して終了した「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)。今年1月には放送が延び延びになっていた同番組を総括する「ヒストリー&大反省会」が放送され、完全にひと区切りがついた。今後の注目点は、次のバス旅がどのようなものになるのか、誰が起用されるかになっている。

 そんな中、バス旅ファンの熱い視線を集めているのが、中山秀征である。中山は同局の「秘境路線バス旅」に登場しているが、「土曜スペシャル」枠のバス旅は今やこれだけ。この番組が元祖バス旅の後継になる可能性もあるとして、テレビ誌記者は次のように話すのだ。

「これは『秘境の路線バスに乗る』ということ以外、はっきり決まっていませんでした。そのため、毎回のようにルールが変更されます。一時は地元の人たちに思い出の曲を教えてもらい、発売年の十の位と一の位を足した数だけバス停を進む、という凝ったルールが導入されたこともあります。ところが昨年9月放送の第9弾で大幅にリニューアルされ、バス旅らしいルールに戻ったんですよ」

 第9弾のルールは、交通費1万円で路線バスを乗り継いでゴールを目指す、という基本的なもの。1万円で足りなくなった場合は、整理券の番号に3000円を掛けた金額をゲットできる「整理券チャレンジ」に挑戦できる。「思い出の曲」などという要素はバッサリと切り捨てられた。

 この「原点回帰」はファンには好評で、「ルールはシンプルな方がいい」との声が上がった。そこで期待されているのが、さらなる単純化。つまり、普通の路線バスの旅になることだ。

「『バス旅Z』は終了しましたが、太川陽介と蛭子能収のコンビで始まった、ローカル路線バスで日程内に目的地への到達を目指す『バス旅』シリーズ自体が終わることはないでしょう。新たなコンビを立てて、第3期がスタートすることになるはずです。『バス旅Z』の田中と羽田の評判がいまひとつだったこともあって、新コンビを選ぶのは非常に難しい。だったら、中山の『秘境路線バス旅』をバス旅にシフトさせてしまえばいいのではないか、という意見があるんです。中山なら、番組をうまく回す『実力』は折り紙付きで、問題はない。ただ、プレッシャーはかなりのものになるでしょうね」(前出・テレビ誌記者)

 昨年1月と5月、そして9月と4カ月おきに放送されてきた「秘境路線バス旅」。本来なら次が1月中に放送されてもいいはずだが、今のところその発表はない。中山に路線バスの旅への「移籍」の承諾を得た上で、コンビを組む相手を選び環境を整備するなどの「移行期間」ではないか、という説もあるが、はたして──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン