エンタメ

水森太陽の読めばガッポリ“ウハウハ”占い「『冬バテ』を感じたら黒い食材を」

 東京・池袋で「占い館 セレーネ」を運営していますが、1月22日が春節ということもあって、多くの鑑定依頼をいただいています。この時期は人間関係がガラリと変わり、メンタル面でも前年とは違うモードに入りやすいもの。そんな時こそ、運を味方に引き寄せて良い流れに乗りたいもの。実際、私の鑑定をきっかけに独立を決意し、会社経営で成功した方もいらっしゃいます。

 1月17日から2月3日にかけては冬の土用。体力の減退や疲労感を覚える人が多くなると言われています。夏の土用の「丑の日」には、スタミナ抜群の鰻を食べる習慣がありますが、冬バテを感じたら何を食べるべきか。1月25日の「未の日」におすすめしたいのが、レバー、ハツなどの内臓部。あわびや牡蠣、ホタテなどの貝類もいいでしょう。さらに意識してほしいのが黒い食材。黒ゴマ、黒豆、昆布、ひじき、キクラゲなどを積極的に摂取すれば、冬バテが解消されるかもしれません。

 連日、火事のニュースを目にしますが、特に気をつけたいのが1月24日。「三隣亡」といって、火災などの凶事が起こりやすい日。くれぐれもご注意を。

<2023年1月23日~1月29日>

牡羊座:金運上昇中。前半は良い人脈ができそうな流れ。集まりがあれば、積極的に参加するのが吉。29日は上弦の月の影響を受けてギャンブル運がアップ。手堅い勝負が結果につながりそう。ラッキーカラーはボルドー。

牡牛座:自分らしくいられる週。仕事で大きな区切りや目標が見えるため、やる気が湧いてくるサイクル。今週はキレイな異性との出会いもあるので、恋愛面では大きな発展が期待できるかも。ラッキーフードは根菜。

双子座:良くも悪くも、注目度がアップする時期。悪目立ちしないように注意したいところ。こういう時は、人目につくところでは読書などをして、知的な面をアピールしたい。ラッキースポットは公園などの冬が感じられる場所。

蟹座:周囲から何かと引き立てられて目上から可愛がられそうな時期。奢られることが増えそうだ。また、棚ぼた的な幸運にも恵まれるだろう。くじ引きゲームのガチャ、ギャンブルは積極的に。ラッキーナンバーは「1」。

獅子座:仕事や対人関係で緊迫にさらされるタイミング。忙しい中で、プライドを傷つけられるようなことを言われても、常に冷静さを保つこと。怒気を出してしまうと、将来の好運を逃す可能性も。ラッキーカラーはブラック。

乙女座:アイデアがいかされそうな週。リラックスモードで思いついたことや、飲みの席の閃きが思わぬ好結果をもたらすかも。ほめられ運も上がっているので仲間との情報共有を大切に。ラッキーアイテムはカラーマスク。

天秤座:女友達と遊ぶのに良いタイミング。狙いをつけていた異性に連絡すれば、思っていたよりスムーズにコトが進むかも!? キレイなお姉さん系よりは、可愛い系と縁が深くなりそうな予感。ラッキーフードは魚介類。

蠍座:恋人と大いに盛り上がりそうな週。独り身の人は新しい出会いに恵まれ、トントン拍子に進むので、積極的にアプローチを。オシャレに気を配り、おいしいものを食べに行くのも吉。暖色の照明がある空間に幸運が。

射手座:趣味やギャンブルをするのに適したタイミング。特に週の前半からなかばにかけて幸運の波が押し寄せそう。友人関係もうまくいきやすいので、週の前半はいろんな人と交流を持ちましょう。ラッキーナンバーは「2」。

山羊座:金運、恋愛運ともに絶好調。ショッピングでも満足感が得られそうで、お目当てのものがあれば思い切って買うのもアリ。友達から男女の関係に発展するようなロマンスも期待できそう。ラッキーカラーはブラウン。

水瓶座:自分のやりたいことを見つめ直し、少しずつ進めていく週。週の後半は金運が上がってくるので、ギャンブルや勝負事に挑めば、良い結果が出るかも。また、おいしいものとも縁がアリそう。ラッキーフードはお米。

魚座:スランプ脱出の暗示。友人の一言から、悶々と抱えていた悩みが解消され、やるべきことがはっきりしてきそうな暗示。重要なことはラッキーアイテムの万年筆でメモする習慣を。不用品の処理や断捨離も吉。

水森太陽(みずもり・たいよう)/東京・池袋の「占い館セレーネ」代表。10代から占いの研究と実践を行い、四柱推命をはじめ、さまざまな占術を修得。これまで2万人以上を鑑定し、占い師の育成にも尽力している。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」