政治

インドにも飛ばしていた!中国「マヌケな偵察気球」撃墜でわかったお笑い「スパイ常習行状」

 アメリカ本土上空を浮遊していた中国の「偵察用気球」が2月4日、アメリカ軍のF22戦闘機が発射したミサイルによって撃ち落とされた。

 中国外務省は「中国の民間の気象観測用」であると強弁して「偏西風の影響でコースを外れた」だけで「完全に不可抗力であり、予想外の偶発的な事件」と強調。撃墜に猛抗議すると同時に、報復を匂わせる中国お得意の態度に出ている。軍事関係者が語る。

「気球はアラスカ上空を通って南下し、カナダからアメリカ本土に入っています。偏西風に流れされたという言い訳は、あまりに苦しいですね。気球の飛行ルート上には、アメリカの軍事施設が点在していますし、撃墜された南部サウスカロライナ州の沖合に散らばった残骸の回収作業が始まれば、積んでいたレーダーなどの解析も進むでしょう。中国のウソがバレるのも時間の問題です」

 実は中国の「気球スパイ」は今に始まったことではない。日本でも20年6月に仙台市、21年9月には青森県八戸市上空で、ほぼ同じ気球が目撃されている。

 そればかりか、10年から11年頃あたりから、中国軍はロシアのアウグスロスエアロ社から3つの気球を調達し、インドとの国境にあたる中国側チベット地域でも「インド軍偵察のために」新型の気球を運用していたという。まさに「常習者」だ。先の軍事関係者が補足する。

「このインド軍偵察ためのスパイ気球はレーダーシステムを搭載し、地上5000メートル上空に打ち上げられるもので、形は飛行船に近く、サイズもかなり大きいものだった。衛星写真に写っていたことで、発覚したようです。すぐにバレるのは、考えればわかりそうなものですが…」

 今回の撃墜といい、なんともマヌケなお笑い偵察システムだ。

 とはいえ、今後、中国が国際社会からさらなる批判を浴びるのは間違いない。全世界にウソつき体質の恥部が晒された時、またしても見えすいた弁明を駆使して逆ギレするのだろうが、それを信用する者は誰もいない。

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)