スポーツ

プロ野球キャンプ「WBCパニック」の舞台裏(2)村上宗隆が「でしゃばり親衛隊記者」に苦笑い

 現時点で「二刀流」の主役が不在でも、豪華代表メンバーで合宿地の宮崎は大盛況。中でも、注目を集めるのはヤクルトの村上宗隆(23)だ。

 昨季、NPB史上最年少で三冠王を獲得した若き主砲は日本代表でも4番候補。当然ながら、連日のようにマスコミ各社に追いかけ回されているが、でしゃばりな親衛隊記者に頭を悩ませているというのだ。

「ここ数年、ヤクルトを担当しているメディア関係者X氏のことです。まるで『俺の彼女に近づくな』と言わんばかりに村上にベッタリ。侍ジャパンの取材にも記者として帯同しています。沖縄・浦添キャンプでも、一挙手一投足のたびに球団広報さながらに左横をキープ。他社のぶら下がり取材を妨害していました。変な虫から守ってあげてるつもりかもしれませんが、あまりにも露骨なゴマすりには『また、やってるわ‥‥』と、村上本人が苦笑いをこぼしているほど」(スポーツ紙デスク)

 同じく代表メンバーの山田哲人(30)も付き合う人間に気を揉んでいる1人。とかく、スキャンダル対策に余念がないようで、「表向きは、なるべく飲み会に女の子を呼ばないようにしているようです。呼ぶにしても二次会からで、長く昵懇にしているアテンダーから手配してもらう子以外は受け付けない徹底ぶり。何でも、週刊誌に告げ口されるのをおそれているんだとか。世間に知られたらマズい飲み方でもしているんでしょうかね」(球界関係者)

 受け入れがたい再コンバートを余儀なくされたのは、中野拓夢(26)に他ならない。阪神では今季、ショートからセカンドにコンバートしているが‥‥。

「代表ではショートのバックアップ要員です。年明けに発表した代表1次メンバーの中に、いの一番で西武の源田壮亮(30)を入れたことがモロに影響している。源田はショートのレギュラーが確定したも同然で、格下扱いを嫌った巨人の坂本勇人(34)やソフトバンク今宮健太(31)らの辞退を招いてしまった。春先の大事な時期にベンチウォーマーになってしまえば、シーズンにマイナスなのは目に見えていますからね。結果的に肩の弱い中野にショートを守らせて、世紀のタイムリーエラーが起きないか関係者は今からハラハラしています」(スポーツ紙デスク)

 代表に送り出した岡田彰布監督(65)も気が気でないのだろう。キャンプ地の宜野座では首脳陣に対する当たりが強くなっていた。

「特に第2クール最終日に行われたシート打撃に不満タラタラでした。この日の囲み取材では『この時期にやる意味がない』と発案者の安藤優也コーチ(45)を非難していた。実は、岡田監督は現行のコーチ陣にバツを付けたがっている。というのも、そのほとんどが平田勝男ヘッド(63)の監督就任を前提で集められたメンバーだったからです。実際に岡田監督が呼んだのは水口栄二打撃コーチ(54)ら数人のみ。来季の陣営を腹心コーチで固めるために、ネガティブキャンペーンが過熱してるんです」(球界関係者)

 シーズンを待たずして、チームの解体もスタートということか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」