芸能

満島ひかり カメレオン女優に期待される「女優力」

「日曜劇場 おやじの背中」(TBS系)が7月13日スタート。初回の平均視聴率が15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と7月スタートの連続ドラマの中で頭1つ抜きんでた高視聴率を収めたことがわかった。

 10人の脚本家が1話完結のオリジナルストーリーを描く新企画。初回は田村正和と松たか子の16年ぶりの共演作で息の合ったところを見せた。

「思ったより高い数字にホッとしてます。鳴り物入りで今年4月にスタートした連続ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』が思ったより盛り上がらなかったので、続いて放送されるこの企画に悪影響を及ぼすんじゃないかと心配してたんですよ。10組の俳優がそれぞれ父と息子または娘を演じる設定は同じなので、視聴者を引っ張るのは役者のパワーしかない。プレッシャーはかなりのものだが、それだけに演技派を自負する役者にとっては大いにやる気にさせられる企画ですよ」(TBS関係者)

 7月20日放送の第2話は、満島ひかり(28)と役所広司の主演する「ウェディング・マッチ」だ。元プロボクサーの父と、その指導を受けて幼い頃からボクシングでオリンピック出場を目指す娘との葛藤の日々を描く。

 テレビ誌記者が言う。

「満島の実父は中学校の体育教師。中学ではバスケットボール部の顧問兼監督として全国大会で優勝する強豪チームを作り上げた。母親も中学の体育教師で、4人兄弟の長女だった満島は小さいころからかなり厳格に育てられた。残念ながら、両親の運動神経の良さを全く受け継がず、満島はかなりの運動音痴。それでも練習は決して手を抜かず、ボクサーとして目を見張るシーンもこなしている。親から夢を託される娘としてもがき苦しむ様を実体験さながらに力演。さすが役柄によって器用に演じ分けるカメレオン女優と呼ばれるだけのことはある」

 満島は連続ドラマ「若者たち2014」(フジテレビ系)にも主演中だ。7月9日放送の初回は平均視聴率が12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだった。1966年放送の青春ドラマ「若者たち」をリメイク、満島は泥沼不倫から抜け出せない妹を熱演していた。

「満島は不幸な役をやらせると抜群に光り輝く。中2で単身上京、ダンスボーカルユニット『Folder』(のちのFolder5)メンバーとして歌手デビューしたものの、売れっ子にはなれず、解散後は辛酸をなめた。女優に転身後は演技賞を根こそぎにするまでになったが、売れないアイドル時代とその後の暗黒時代の人に言えない苦労の数々が今の満島を作り上げている」(芸能レポーター)

 まさに順風「満」帆!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱