芸能

「コオロギ食」論争でヤリ玉に!長澤まさみが「お取り寄せ」までするハマり度

 ここへ来てにわかに論争に火が付いた「昆虫食」。

 将来の環境悪化や人口増による食糧危機の解決策として、とりわけ食用コオロギは栄養価の高さや繁殖力の強さから多くの事業者が参入している。そこにビートきよしが2月25日に「虫食いたい人は食えばいいけど、俺は要らないし」などとしたツイートが大反響を呼んだ。

 続けて2月28日、一部ネットメディアで徳島県の県立高校がコオロギパウダーを使った給食が試食で出され、クレームが相次いだことが報じられるや「昆虫食反対」の声が相次ぐことに。タレントの中川翔子も3月1日、「コオロギとか絶対食べません」としたツイートが多くのフォロワーの同調を得た。

「コオロギパウダー入りの商品を販売する敷島製パン(Pasco)についても過激なバッシングがSNS上で飛び交い、これを非難する声も加わって応酬合戦に発展。昨年2月に徳島のベンチャー企業のイベントに出席し『乾燥コオロギとミックスナッツあえ』を試食していた河野太郎デジタル相も当時の推しぶりを掘り起こされ、ブーイングが起こりました」(ネットウォッチャー)

 そんな中、思わぬバッシングに見舞われたのが、長澤まさみである。エンタメ誌ライターによれば、

「19年に『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した際には、周囲がドン引きする中、約100匹のコオロギが使われているという『コオロギラーメン』を食べて絶賛。翌年の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)では、そのコオロギラーメンをなんと、お取り寄せしていることまで告白した。こちらも今回の騒動に乗って、ヤリ玉に上げられているんです」

 それぞれ当時はそこまで批判的な声は出なかった昆虫食。それだけ認知度が高まってきたということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」