芸能

脳挫傷から生還「話せない横山やすし」を12歳の娘がガードした/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 お笑い界の名バイプレーヤーと言われた笑福亭笑瓶さんが、急性大動脈解離のため2月22日、66歳の若さで亡くなった。報道陣に囲まれ「師匠より先に逝くっておかしいじゃないですか」と悔しそうに語る師匠・笑福亭鶴瓶の言葉を聞き、ふとどこかで同じコメントを聞いたことを思い出した。

「師匠より先に死ぬ弟子があるかい」に続けて「あんた、最後まで警察の世話になったな、と言いました」。そう、あれは「やっさん」こと、横山やすしが死去した際、大阪・摂津警察署で遺体と対面した師匠の横山ノック(当時大阪府知事)が語った言葉だったと記憶している。

 やっさんの妻・啓子夫人が自宅で倒れている夫を発見したのは、96年1月21日午後8時前のこと。救急車到着時にはすでに心臓が停止しており、手の施しようがなかった。死因はアルコール性肝硬変だった。

 当時、芸能マスコミをはじめ世間が抱く、やっさんのイメージは「酒」「女」「博打」にまみれた破天荒な昭和の芸人。実際、やっさんは70年のタクシー運転手暴力事件を皮切りに、77年にはまたもタクシー運転手に「駕籠かき雲助やないか」と吐き捨て侮辱罪で告訴されるなど、数回の謹慎処分を受けた。その後、89年、酒気帯び運転で人身事故を起こし、結果、吉本興業を解雇されることになる。

 ところが、そんなやっさんが92年8月5日深夜、何者かに暴行を受け、脳挫傷を負う大怪我で摂津市内の病院に緊急入院した。会見した主治医によれば「病院に担ぎ込まれたとき、横山さんと判別するのがむずかしいほど」の重傷で、9月上旬には血液中に細菌が入り、42度の高熱を出し、一時は生死をさまよう状態に。

 とはいえ、憎まれっ子世にはばかるとはよく言ったもので、そんなやっさんが98日ぶりに退院するとの一報を受け、筆者も入院先の摂津医誠会病院へ駆けつけた。92年11月12日のことである。

 報道陣が待ち構える中、マリンキャップに「レーシングチームYOKOYAMA」と印字されたジャンプスーツ姿で玄関前に現れたやっさん。しかし、医師や看護師らから花束を贈られ「おおきに、おおきに」と感謝を口にするも、その笑顔はかなりぎこちない。報道陣から質問が飛んでも、さすが退院直後とあって、「えっ、あの…」「いや、うん…」と、しゃべりたくても口がうまく回らない様子だ。すると、隣にいた次女の光(当時12歳・後に漫才師としてデビュー)が、横山の口にスッと手を当て、父親をガード。その光景が今でも忘れられない。

 だが、結局は後遺症に悩まされたやっさんは、一時は辞めていた酒を飲むようになり、肝硬変が悪化してしまう。以来入退院を繰り返している中での訃報となったのである。

「人間は死んだときにはじめて値打ちがわかるんや」が口癖だったやっさんの葬儀には約2000人が弔問。「たくさんの人に見送られて、ほんとによかったね。あとはゆっくり休んでね」そう語った啓子夫人の言葉に、やっさんの破天荒さの裏に隠された優しさを見た気がした。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった