芸能

さんまがハマったハニートラップ事情を大暴露

20140730SMAP

 7月26日から放送されたフジテレビ「27時間テレビ」は、視聴率低迷にあえぐフジテレビにとって起死回生を賭けた大勝負だった。年々自主規制が厳しくなるテレビ業界にあって、「27時間」で放映される「事故」は、お祭り騒ぎということで処理される傾向にある。大手広告代理店関係者が語る。

「昨年は、極楽とんぼ・加藤浩次がAKB48の渡辺麻友の頭を蹴った件や、森三中・大島美幸さんのおっぱいポロリがありました。『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』でも明らかなように、フジのバラエティはハプニングで視聴率を取ってきました。今年はスマップということで、大人しくなるかと思ったのですが‥‥」

 同番組といえば、注目は深夜枠。今年は明石家さんま(59)と中居正広(41)によるトーク枠「今夜も眠れない」でスレスレのトークが繰り広げられた。まずはさんまが昨秋、騒がせた2人のセクシー女優との熱愛に触れる。

「ヒューマンの中のヒューマンとして(自分から女性を誘った)」

 さんまが振り返るセクシー女優とは、優希まこと(24)と紗倉まな(21)であることは明らかだ。

「2人ともさんまさんとの熱愛のきっかけは『27時間』です。『ラブメイト』という企画で、さんまは良く鑑賞する女優として、11年に優希さんを8位に、翌年、紗倉さんを7位に推していました」

 何より不可解だったのは、2人を持ち帰るたびに写真週刊誌に撮られてしまったことだ。そもそも芸能人のスケジュールなど狙ってなければ撮影はできないハズ。ましてや当時さんまはノーマークだった。優希にいたっては、こんな暴露もした。

「さんまさんの下半身年齢は20代後半」

 これらの不可解な事件について、さんまは、

「ハニートラップは悟空もルフィも破れない技。防ぐ方法がこの世にない」

 とお手上げ状態。それでも、

「女の子はいい子」

 とかばうさんまの芸人魂はあっぱれと言うほかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
関口宏をガン無視!浜口京子が「サンデーモーニング」をブチ壊した「あっぱれ!」絶叫連呼
4
プーチン「暗殺」覚悟のイラン訪問で待ち受けるロシア「勝利宣言」悪夢の結末
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫