芸能

さんまがハマったハニートラップ事情を大暴露

20140730SMAP

 7月26日から放送されたフジテレビ「27時間テレビ」は、視聴率低迷にあえぐフジテレビにとって起死回生を賭けた大勝負だった。年々自主規制が厳しくなるテレビ業界にあって、「27時間」で放映される「事故」は、お祭り騒ぎということで処理される傾向にある。大手広告代理店関係者が語る。

「昨年は、極楽とんぼ・加藤浩次がAKB48の渡辺麻友の頭を蹴った件や、森三中・大島美幸さんのおっぱいポロリがありました。『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』でも明らかなように、フジのバラエティはハプニングで視聴率を取ってきました。今年はスマップということで、大人しくなるかと思ったのですが‥‥」

 同番組といえば、注目は深夜枠。今年は明石家さんま(59)と中居正広(41)によるトーク枠「今夜も眠れない」でスレスレのトークが繰り広げられた。まずはさんまが昨秋、騒がせた2人のセクシー女優との熱愛に触れる。

「ヒューマンの中のヒューマンとして(自分から女性を誘った)」

 さんまが振り返るセクシー女優とは、優希まこと(24)と紗倉まな(21)であることは明らかだ。

「2人ともさんまさんとの熱愛のきっかけは『27時間』です。『ラブメイト』という企画で、さんまは良く鑑賞する女優として、11年に優希さんを8位に、翌年、紗倉さんを7位に推していました」

 何より不可解だったのは、2人を持ち帰るたびに写真週刊誌に撮られてしまったことだ。そもそも芸能人のスケジュールなど狙ってなければ撮影はできないハズ。ましてや当時さんまはノーマークだった。優希にいたっては、こんな暴露もした。

「さんまさんの下半身年齢は20代後半」

 これらの不可解な事件について、さんまは、

「ハニートラップは悟空もルフィも破れない技。防ぐ方法がこの世にない」

 とお手上げ状態。それでも、

「女の子はいい子」

 とかばうさんまの芸人魂はあっぱれと言うほかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは