芸能

さんまがハマったハニートラップ事情を大暴露

20140730SMAP

 7月26日から放送されたフジテレビ「27時間テレビ」は、視聴率低迷にあえぐフジテレビにとって起死回生を賭けた大勝負だった。年々自主規制が厳しくなるテレビ業界にあって、「27時間」で放映される「事故」は、お祭り騒ぎということで処理される傾向にある。大手広告代理店関係者が語る。

「昨年は、極楽とんぼ・加藤浩次がAKB48の渡辺麻友の頭を蹴った件や、森三中・大島美幸さんのおっぱいポロリがありました。『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』でも明らかなように、フジのバラエティはハプニングで視聴率を取ってきました。今年はスマップということで、大人しくなるかと思ったのですが‥‥」

 同番組といえば、注目は深夜枠。今年は明石家さんま(59)と中居正広(41)によるトーク枠「今夜も眠れない」でスレスレのトークが繰り広げられた。まずはさんまが昨秋、騒がせた2人のセクシー女優との熱愛に触れる。

「ヒューマンの中のヒューマンとして(自分から女性を誘った)」

 さんまが振り返るセクシー女優とは、優希まこと(24)と紗倉まな(21)であることは明らかだ。

「2人ともさんまさんとの熱愛のきっかけは『27時間』です。『ラブメイト』という企画で、さんまは良く鑑賞する女優として、11年に優希さんを8位に、翌年、紗倉さんを7位に推していました」

 何より不可解だったのは、2人を持ち帰るたびに写真週刊誌に撮られてしまったことだ。そもそも芸能人のスケジュールなど狙ってなければ撮影はできないハズ。ましてや当時さんまはノーマークだった。優希にいたっては、こんな暴露もした。

「さんまさんの下半身年齢は20代後半」

 これらの不可解な事件について、さんまは、

「ハニートラップは悟空もルフィも破れない技。防ぐ方法がこの世にない」

 とお手上げ状態。それでも、

「女の子はいい子」

 とかばうさんまの芸人魂はあっぱれと言うほかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」