芸能

北川景子 「HERO」ヒロインの原点は「セーラームーン」

20140801kitagawa

 第3話の視聴率が20%台に戻り、好調をキープしてる『HERO』(フジテレビ系)。主演の木村拓哉と共に注目されているのが、今作から登場した北川景子だ。

「麻木千佳という役を上手く演じてますね。ヤンキー言葉を話したり、舌打ちしたりするシーンがありますが、北川さんは『いい子キャラ』よりもちょっと毒がある役の方が味が出るんです。日本テレビの『悪夢ちゃん』でも、表面上は良い先生で実は腹黒いという役柄がハマってましたね。実際の北川さんは女優っぽい華々しさがなく、真面目な人という印象です。元々は世間に注目されるテレビではなく、映画や舞台で脇をかためる女優になりたかったそうですし、前に月9で一緒に仕事をした時に『才能がないから地道に頑張るしかない』と言っていました」(テレビ局スタッフ)

 今までは演技以外で注目される事が多かった北川。ここに来てやっと女優として注目され始めたわけだが、その北川が自分の原点として大切にしている作品があるという。

「女優デビュー作である実写版『美少女戦士セーラームーン』(2003年)です。

一部マスコミでは『黒歴史だからその話題に触れると機嫌が悪くなる』とか、『最近はセーラームーン人気復活に乗っかろうと逆に発言するようになった』とか言われてますが、全く違います。以前からずっと『セーラームーンは私の原点』と言っていますし、ブログでも毎年セーラームーンのメンバーと会っている事を書いてますからね。また、森田芳光監督の『間宮兄弟』(2006年)もそうですね。森田監督は見た目とは逆に地味な性格の北川を気に入り、『演技の才能はない。でも努力できる才能があるだろ』と背中を押したそうですよ」(芸能関係者)

 2011年に森田監督が亡くなった際は、人目をはばからずに号泣していたという北川。地道な努力を続けた結果が、今回の好演につながったのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”