スポーツ

W杯「三苫の1ミリ」に並ぶ神業!大阪杯でジャックドールをGI初制覇に導いた「武豊の0.1秒」

 4月2日に阪神競馬場で行われたG1・大阪杯(芝2000メートル)を鮮やかな逃げ切り勝ちで制した、ジャックドール(牡5歳)。同馬を念願のGI初制覇に導いた武豊の騎乗は、まさに「世界の名手」でなければできない「神業」だった。

 9番ゲートから好スタートを切った同馬は、「持ったまま」のラクな手応えで1コーナーへ。大歓声の中、大外から北村友一騎乗のノースザワールドが競りかけるも、名手の放つオーラと貫禄、そして絶妙のコーナーワークで、あっさりとハナを奪った。

 前半1000メートルの通過タイムは、平均ペースを上回る58秒9。だが名手はその後も11秒7─11秒5─11秒4─11秒4と、緩みのないハロン(200メートル)ラップで後続集団に脚を使わせつつ、同馬を最後の直線へと導いた。

 そして最終の1ハロンを12秒5のラップで凌ぎ切ると、後方からマクリ気味に追い込んだルメール騎乗の1番人気スターズオンアースを「ハナ差」抑え、見事1着でゴールインしたのである。

 ジャックドールは父のモーリスに似て、折り合いが悪い。そのため、逃げても逃げなくても、スローペースでは引っ掛かり気味となって、その実力を発揮できない。また、仮に折り合いよくスローの逃げに持ち込めたとしても、速い上がり(最終3ハロンでの速い脚)が使えないため、鋭いキレ脚を持つ後続馬にかわされてしまう恐れがあった。

 つまり、同馬が抱えるこれらの弱点を鮮やかにクリアしてみせたのが、今回の「ユタカマジック」だったのだ。武豊と親しい競馬関係者も、次のように絶賛している。

「前半の1000メートルを58秒9の準ハイペースで引っ張り、その後も残り1ハロンまであえてペースを緩めることなく、ジャックドールの現時点での全能力を引き出した。今回の騎乗は、精巧な『0.1秒単位の体内時計』を持つ豊君でなければできない神騎乗でした。事実、この絶妙を極めた展開とペースとラップ以外、ジャックドールが大阪杯を制する方法はありませんでした。まさにサッカーW杯での『三苫の1ミリ』、WBCでの『源田の1ミリ』に並ぶ、『武豊の1ミリ』とでも呼ぶべき神業だったと言えるでしょう」

 前人未到の通算勝利数を更新し続けている天才の手綱さばきからは、今後も目が離せない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…