芸能

加藤浩次「17年間MC」のスッキリしない最後

 3月末で17年の歴史に幕を閉じた情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)。その初回からMCを務め上げてきた極楽とんぼの加藤浩次(53)の辞書には、「立つ鳥跡を濁さず」という格言は載っていないようだ。みごとな最後っ屁を放っていった。いや、屁どころではないものまで残していたのだ。

「落ちるなよ、池に落ちるなよ! 春日ぁ~、足もと気をつけろよ」

 独特なダミ声で発せられた加藤のセリフは、完璧な前フリだった。芸人ならば何としてもこたえなければならない。当然ながら、中継先のオードリー・春日俊彰(44)は、絶滅危惧種のフンボルトペンギンがいる池へと落下したのだった。

 これは、「スッキリ」終了の1週間前、3月24日に放送された栃木県の「那須どうぶつ王国」でのエサやり体験のロケでの一幕。スタジオでは加藤の隣で岩田絵里奈アナ(27)が悲鳴を上げるなど大盛り上がり。ここまではバラエティー番組のノリが完成していた。

 だが、直後からネット上では冷や水をかけるように「アニマルウェルフェアを知らんのか」「スタジオも煽りまくって最低」などと批判が殺到。放送終了後、「那須どうぶつ王国」が〈事前打ち合わせには無かった状況で、タレントの方が、ペンギンのいる池に入るシーンが放映された〉と声明を発表し、日テレに厳重抗議したことを明かした。

 そして、週明けの27日の放送冒頭、「スッキリ」の司会者たちの硬直した顔が映し出されたのだ。森圭介アナ(44)が「動物への安全性や衛生面への配慮が不足した危険な放送だった」と陳謝。続いて加藤から、

「那須どうぶつ王国の方からは動物に危害が加わらなければ池に落ちてもいいですよという旨のことを聞いていた。僕としては、スタッフとの打ち合わせを怠ってしまった。その点で反省しなくては‥‥」

 と、反省している割には言い訳がましい釈明に終始したのだ。日テレ関係者がこの騒動の舞台裏を明かす。

「番組自体が終了することもあり、暴走しすぎたという面もありますが、やはり加藤の事実上のクビが伏線になっています。昨年秋、視聴率低迷を理由に終了を発表したが、実際には4年前の『芸人闇営業問題』で加藤が吉本興業上層部にケンカを売ったことが尾を引いていたのでしょう。当初はMC交代も視野に入れていたのですが、結果は番組ごと終わらすことに。スタッフの中には17年間も番組を続けられたのは加藤のおかげと、その功績を称える“加藤派”もいる。彼らが最後まで加藤らしく暴れてもらいたいと、最後にドカンと置き土産を残す下準備していたようなんです」

 確かに、昨年11月に番組終了を報告した加藤は、

「(終了まで)あと5カ月。‥‥俺、何を言うかわかんねぇ~」

 と、最後っ屁を予告していたのだが、トンデモない「置き便」テロを敢行したものだ。ある放送作家がこう指摘する。

「これまで番組では、春日が『生中継の限界に挑戦する』という企画を行っていた。このハプニング自体が事前に了承を得て、打ち合わせの下、台本通りに進行していたと加藤がバラしてしまったんですから、春日が一番の被害者ですよ」

 あとは春日にフンづけられた絶滅危惧種のフンボルトペンギンに悪影響が出ないといいのだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴