芸能

中森明菜 孤高の歌姫の「光と影」(5)少女Aはアキナの頭文字?

20140828j

 デビュー曲の「スローモーション」は最高位30位に終わる。当時の花形番組「ザ・ベストテン」にも、「夜のヒットスタジオ」にも出演はできなかった。作詞・来生えつこ、作曲・来生たかおの姉弟による楽曲の評価は高かったが、2作目の巻き返しが課題となった。

 ここで島田は、多くの作詞家や作曲家からコンペ形式で楽曲を募った。そのうちの1つが、まだ作詞家になって1年の売野雅勇(うりのまさお)が書いた「少女A」だった。

 売野はそれまで広告代理店にいた嗅覚で、歌謡曲に必要なものは何かを研究していた。

「参考にしたのは阿木燿子さんの一連の作品。例えば『プレイバックPart2』の“バカにしないでよ”のように、捨てゼリフが生きるんだと思った」

 1作目と打って変わってツッパリ調の歌詞となった。捨てゼリフは「私は私よ 関係ないわ」とか「特別じゃない どこにもいるわ」とか、全編に登場する。

 ただし、当初は別の作曲家のニューミュージック調のメロディがセットになっており、売野の詞だけが採用された形である。曲は、のちにチェッカーズの一連のヒット曲でコンビを組む芹澤廣明の手によるもので、それに合わせて歌詞を手直しした。

「サビは『ねえあなた、ねえあなた』だったものを、より強い『じれったい、じれったい』に変えました」

 さらに島田は、売野が書いた1番と2番の歌詞を入れ替えた。結果的に「上目使いに盗んで見ている」と刺激的な歌い出しになった。発売日には誕生日を迎えているので、16歳を17歳に変えた。アレンジはベテランの萩田光雄が手がけ、ギターがうなる印象的なイントロが完成した。

 ただし──明菜はレコーディングをかたくなに拒否する。

「こんなの歌いたくない!」

 さらに島田に向かって、こう言い放った。

「私のことを調べ上げて歌にしたわけ? だいたい、この『少女A』ってアキナのイニシャル?」

 売野が意図したのは、明菜への当て書きではなく、新聞の社会面に載るような世代の総称としての「少女A」である。それでも、あまりにも明菜と一致していたと島田は回想する。

「その当時は知らなかったけど、もともとはバイクの後ろに乗って旗を振り回しているような子だったんですよ、明菜は。それで『自分の歌』と思って、拒否反応があってもしかたない」

 だからと言って発売を中止するわけにはいかない。島田は明菜を強引にマイクの前に立たせ、ほぼ一発でレコーディングを完了させた。そして明菜にとっても、作詞家の売野にとっても初めての大ヒットとなった。

「明菜自身はバラードのような歌が好きだけど、本人が好きなものと、お客さんが求めているものは違うというのが『少女A』でわかったんじゃないかな」

 明菜は「少女A」が嫌いと公言しながら、コンサートのセットリストから外すことはなかった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!