芸能

清原和博 側近が頭を抱えた“絶叫錯乱”現場(1)あの疑惑から球界では存在がタブー扱いに…

20140828r

 今年3月の「薬物疑惑報道」以降、球界からすっかり遠ざかっている番長に、数々の「奇行」が浮上している。その極め付きと言うべき最新行状を、キャッチ。まるで錯乱したかのような興奮状態でわめく姿は、もはや誰も抑えられない──。

 8月上旬、球界OBが集まって開かれたスポーツ関連イベント。当然ながら、ペナントレースの行方についての話題などが出る中、一瞬、重苦しい空気が流れたという。

「何かの拍子に清原和博氏(47)の話題が振られた際のことでした。しかし、誰も何も言わない。もはやタブー化しているんだなと思いました」(スポーツ紙デスク)

 球界の番長といえば、今年3月に「週刊文春」が「薬物疑惑」を報じ、騒動に発展。覚醒剤などの薬物にむしばまれて都内の病院に入院しているというもので、「番組収録中に突然、体の震えが始まり、汗が噴き出した」「視線が宙をさまよい、ロレツの回らない口調で答えた」といった言動を紹介したのだった。

 この報道を受け、清原氏は写真誌のインタビューに答える形でマスコミに登場し、入院は深刻な糖尿病の治療のためだ、と反論。

 しかし、これで「疑惑」が払拭される結果とはならず、清原氏は球界から半ば姿を消す形に。解説などの仕事をした形跡もほとんど見られなくなった。清原氏が評論家契約するスポーツ紙では現在、清原氏の近況、言動はトップシークレット扱いとなっているのだという。球界OBが明かす。

「スポーツ紙は通常、毎月20日をメドに、翌月のローテーションを決めることになっています。ローテーションとは、契約する評論家とその担当記者をどの試合に派遣するか、という振り分けで、これがけっこう大変な作業です。そのため、各評論家に連絡を取らないといけない。ところが清原氏の場合はちゃんと連絡がつかず、電話にもほとんど出ない。スケジュールが組めなければ、他の評論家を回さなければなりません。その事務手続きのドタバタが続き、担当記者やデスクは困り果てているんです」

 評論家として機能せず、連絡すら取れない。清原氏が尋常ならざる状態にあることがうかがえるエピソードである。この球界OBが続ける。

「この時期はクライマックスシリーズのローテーションをどうするかもおおまかに決めておく必要があります。しかも今年の日本シリーズは、もしかすると巨人VSオリックスの対戦となる可能性もありますよね。現役時代、両球団に在籍したことのある清原氏は、解説者・評論家としてうってつけ、一番の適任者です。ここで使わないと存在感がない、と言っていいほどでしょう。それなのに‥‥もうお手上げ状態です。恐らく、今年いっぱいで評論家契約は解除となる公算大でしょうけど‥‥」

 担当者が連絡をつけるのもままならないという清原氏はいったい、どこで何をしているのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
かたせ梨乃、いとう・剛力との“幻のお風呂シーン”で生じた「夕食前の疑問」!