芸能

清原和博 側近が頭を抱えた“絶叫錯乱”現場(1)あの疑惑から球界では存在がタブー扱いに…

20140828r

 今年3月の「薬物疑惑報道」以降、球界からすっかり遠ざかっている番長に、数々の「奇行」が浮上している。その極め付きと言うべき最新行状を、キャッチ。まるで錯乱したかのような興奮状態でわめく姿は、もはや誰も抑えられない──。

 8月上旬、球界OBが集まって開かれたスポーツ関連イベント。当然ながら、ペナントレースの行方についての話題などが出る中、一瞬、重苦しい空気が流れたという。

「何かの拍子に清原和博氏(47)の話題が振られた際のことでした。しかし、誰も何も言わない。もはやタブー化しているんだなと思いました」(スポーツ紙デスク)

 球界の番長といえば、今年3月に「週刊文春」が「薬物疑惑」を報じ、騒動に発展。覚醒剤などの薬物にむしばまれて都内の病院に入院しているというもので、「番組収録中に突然、体の震えが始まり、汗が噴き出した」「視線が宙をさまよい、ロレツの回らない口調で答えた」といった言動を紹介したのだった。

 この報道を受け、清原氏は写真誌のインタビューに答える形でマスコミに登場し、入院は深刻な糖尿病の治療のためだ、と反論。

 しかし、これで「疑惑」が払拭される結果とはならず、清原氏は球界から半ば姿を消す形に。解説などの仕事をした形跡もほとんど見られなくなった。清原氏が評論家契約するスポーツ紙では現在、清原氏の近況、言動はトップシークレット扱いとなっているのだという。球界OBが明かす。

「スポーツ紙は通常、毎月20日をメドに、翌月のローテーションを決めることになっています。ローテーションとは、契約する評論家とその担当記者をどの試合に派遣するか、という振り分けで、これがけっこう大変な作業です。そのため、各評論家に連絡を取らないといけない。ところが清原氏の場合はちゃんと連絡がつかず、電話にもほとんど出ない。スケジュールが組めなければ、他の評論家を回さなければなりません。その事務手続きのドタバタが続き、担当記者やデスクは困り果てているんです」

 評論家として機能せず、連絡すら取れない。清原氏が尋常ならざる状態にあることがうかがえるエピソードである。この球界OBが続ける。

「この時期はクライマックスシリーズのローテーションをどうするかもおおまかに決めておく必要があります。しかも今年の日本シリーズは、もしかすると巨人VSオリックスの対戦となる可能性もありますよね。現役時代、両球団に在籍したことのある清原氏は、解説者・評論家としてうってつけ、一番の適任者です。ここで使わないと存在感がない、と言っていいほどでしょう。それなのに‥‥もうお手上げ状態です。恐らく、今年いっぱいで評論家契約は解除となる公算大でしょうけど‥‥」

 担当者が連絡をつけるのもままならないという清原氏はいったい、どこで何をしているのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!