芸能

清原和博 側近が頭を抱えた“絶叫錯乱”現場(3)止まらない奇行の数々…

20140828t

 絶叫錯乱の原因が何なのか側近はわかっているのかもしれないが、思えば最近の清原氏に関しては数々の「奇行」が目撃されている。

「サウナでは胸や腕、ふくらはぎに入った龍の入れ墨を見せつけるようにしていました。威圧感十分でしたよ」(居合わせた客)

 さるパ・リーグ関係者も言う。

「毎年12月、ハワイで名球会ゴルフが開催されますが、清原氏は白のTシャツに半ズボンで現れたことがあり、脚と肩付近の入れ墨をわざと見せるようにしていることに皆、驚きました。『あれは何なんだ!?』と大問題になりましたよ」

 今年2月21日には、巨人の沖縄キャンプに突然現れ、物議を醸した。何しろそのいでたちたるや、「とてもカタギには見えない」と球団スタッフがアキレるほどだったからだ。白のVネックTシャツに白のスーツ、素足に白い革靴、真っ黒に焼けた顔にちょびヒゲ‥‥。驚いた原辰徳監督が「あれはマズイだろ」と陰でボヤいたのも無理はない。

「広島のキャンプも視察に訪れましたが、朝からロレツが回っていなかった。何を言っているのかよくわからず、首脳陣やスタッフは『酔っ払ってるんじゃないのか』と言い合っていました」(遊軍記者)

 清原氏は長男、次男が所属する少年野球チームの試合に、応援のため姿を見せることも。次男が死球を受けた際には、

「オラーッ! 帽子取って謝らんかッ!」

 と、小学生の相手投手を恫喝。相手チームの父兄から苦情が殺到したという。

 さらに、別の試合で今度は長男が死球を受けると、相手投手が帽子を取って頭を下げたにもかかわらず、清原氏は激高して大声を張り上げた。

「一塁手も謝らんかい、ボケッ、コラ!」

 またある時は、

「清原さんの度を越したヤジが原因で騒ぎになり、パトカーが出動したこともありました」(父兄)

 仕事を放棄し問題行動連発の清原氏に、球界での居場所はあるのか。

「本人は『俺がやるんやったら監督や。コーチなんかやる気はない』と言っているようですが、あの入れ墨や奇行を見て、オファーを出す球団はない。もし現在の(スポーツ紙の)評論家契約が解除となれば、次に拾ってくれる媒体があるかどうか。テレビ局も清原氏の『使用禁止』を決めている。モデル業を再開した亜希夫人とも薬物騒動後は別居中で、いよいよ経済的に困ってきていますが、野球人としてはもうどうにもならないでしょうね。手を差し伸べるOBや関係者も見当たらないし‥‥」(デスク)

 側近の前で大暴れ絶叫したのは、孤立無援の焦りや苦しさも一因だったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!