特集

掛布雅之 上位3球団が抜け出せない理由は勝てないエースの「悶々」と「孤立」(1)

Sponsored

20140904i

 お盆を過ぎてもセ・リーグの優勝争いは混沌としたままです。巨人、阪神、広島の上位3チームが、波に乗れないまま、ひしめき合っています。その理由の一つは、各チームのエースが自軍を引っ張りきれていないからです。

 中でもいちばん苦しんでいるのが阪神の能見です。7月31日のヤクルト戦(甲子園)では自身6連敗、12球団最速での10敗目を喫しました。「チェンジアップが消える」とまで相手バッターに言わしめた虎のエースが、ここまでは屈辱のシーズンを過ごしています。巨人との開幕戦で10失点KOされ、何かリズムをつかめないまま、自信を取り戻せずに、ここまで来てしまった感じです。

 今年の能見は変化球が高めに浮く傾向があります。バッターからすると、高めに浮いた変化球は最も遠くへ飛ばせる球となりますから、致命的な一打を食らうケースが増えてしまうのです。球離れが早いのか、下半身の粘りがないのか、投球メカニズムに関してはわかりませんが、精神的なものも大きく左右しているのは間違いないでしょう。

 投手というのは野手からすると、非常に繊細に見えます。能見ほどの投手でも少し歯車がズレると、修正が利かなくなってしまいます。自分の投球をしようとすればするほど、簡単に失点を繰り返す悪循環にハマるのです。同じ「チームの柱」でも4番打者だと、調子を取り戻すために試合状況を見ながら1、2打席は捨てることが可能です。ですが、投手は不用意な1球が命取りになります。特にエースと言われる投手は自分の調子を取り戻すために、試合を壊すような投球は許されないのです。ここが野手と違って、投手の難しいところです。

 投手がスランプに陥った時の特効薬は、やはり勝ち星が付くこと。内容も大事ですが、とにかく一つ勝てば精神的にはまったく違うはずです。野手は次の試合でミスを取り返すチャンスがありますが、先発投手は中5日も6日も待たなくてはいけません。そこでリベンジに失敗すると、またしばらく悶々と過ごす日々が続きます。能見の場合は5月24日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で5勝目をあげてから、6勝目は8月9日の広島戦(京セラD)までかかりました。精神的なストレスは相当だったはずです。

 その6勝目で気分が晴れ、次戦から白星街道かと思われたのですが、8月15日のDeNA戦(横浜)でも今季を象徴するような投球を見せてしまいました。4-0で迎えた6回に突如リズムを崩して3失点。その回かぎりで降板し、リリーフが打たれて自身の白星が消えました。あの早い交代が今の能見への信頼度を表しています。

 その時の球数はまだ97球でした。エースなら最低でも8回までは投げなくてはいけない試合です。マウンドを降りた表情を見ても、特別に悔しさを表すこともなく淡々としていました。ポーカーフェイスは能見の長所でもありますが、もう少し喜怒哀楽を出して野手陣にメッセージを送ってもらいたい。昨季終盤の巨人戦で打たれたあとベンチでグラブを投げつけたように元来、熱いものを持っている男です。もっと自己表現をするべきだと思います。

阪神Vのための「後継者」育成哲学を書いた掛布DCの著書「『新・ミスタータイガース』の作り方」(徳間書店・1300円+税)が絶賛発売中。

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)