芸能

テリー伊藤対談「林家たい平」(1)想像力を養うための“落語”

20140904j

●ゲスト:林家たい平(はやしや・たいへい) 落語家。埼玉県出身。87年に武蔵野美術大学造形学部を卒業後、林家こん平に入門。92年に二つ目、00年に真打に昇進。落語は子供たちの想像力を育む文化であるとの考えから、親子向けの落語会や講演を行うなど、従来の落語家の枠を越え精力的に活動を行っている。自身が企画した「もういちど」が、全国のイオンシネマにて公開中。映画公式サイトhttp://moichido.jp/

 美大卒という異色の経歴を持つ落語家・林家たい平。落語の魅力を一人でも多くの人に伝えたいと、寄席空間を越え映画などさまざまな表現方法に挑戦中だ。そんなたい平氏の親友でもある天才テリーが、今回の映画作品に込められた思いから、内弟子時代の秘話までじっくりと聞き出した!

テリー 8月23日から映画「もういちど」が公開されていますけど、師匠が映画を企画するのは、これで3作目なんだよね。

たい平 はい。2作目までは「映画館落語」といって、落語を撮って、寄席の空気をそのまま全国にスクリーンで伝えよう、という趣旨で作っていました。

テリー 今回は時代劇として撮っていて、制作費もかかっているよね。どうしてこの映画を作ろうと思ったの?

たい平 子供にどういうふうにボールを投げたら、落語という世界が届くかなと考えたんです。その時に、もっと違う変化球を投げないと、落語の力だけでは、なかなか子供たちには届かないなと。そこをずっと考えあぐねていたんです。その時に、板屋宏幸監督にお会いして。彼がそういう私の思いをくみ取ってくださって、脚本にしてくれたんですね。

テリー どうして子供に落語が大事だと思ったの?

たい平 戦争や環境破壊やいじめとか、こういう時代に、想像力ってものすごく必要だと思ったんですね。だけど、今ってあまり、自分でわざわざ考えるようなことって実は少ないじゃないですか。何でも情報、情報で、テレビを見ていれば、全部自分で考えたような気持ちになっちゃう。

テリー ネットで検索も全部できちゃうからね。

たい平 例えば僕の時代は、白黒テレビで色を想像したり、カセットテープに入ったエンジン音でスーパーカーを想像したり、そういうことが日常の中であった。でも今の子供たちは便利な時代になったからこそ、想像力のエンジンを回すきっかけがなくなっているな、と。だから想像力を持つと、どんなにすばらしい世界が見られるか、そのことを知るきっかけを落語で伝えたいなと思ったんです。

テリー なるほどね。巨人軍の阿部慎之助とか高橋由伸が、野球をあまり見てない子供たちの学校に行って、一緒に弁当や給食を食べてたりするんだよね。どうしてですかって聞いたら、野球をやってる子供たちじゃない子に接して、野球を好きになってもらいたいと。それと近いよね。

たい平 そうですね。「たまには寄席にでも行くか」みたいな選択肢が1つあるだけで、人生の楽しさが違うと思うので、一人でも多くの方に、落語に出会ってもらいたいというのが、落語家であるかなりの部分を占めてますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
3
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
稲村亜美、“浴衣ホテル撮”に「オトコが一緒?」飛び交う悶絶声と憶測