芸能

今 陽子「あの頃高校1年で学校に全然行けず」/テリー伊藤対談(1)

●ゲスト:今 陽子(こん・ようこ) 1951年、愛知県生まれ。1966年、作曲家いずみたく氏に師事し、その翌年に15歳で「甘ったれたいの」でソロデビュー。1968年、16歳で「ピンキーとキラーズ」を結成し、デビュー曲「恋の季節」が200万枚を超える大ヒット。1969年発売の「涙の季節」もオリコン1位を獲得した。1972年、ソロに転向し、以降は音楽活動を中心にドラマや舞台などでも活躍。デビュー55周年を記念したCDボックス集「ピンキーとキラーズ大全」発売中。

「ピンキーとキラーズ」のボーカルを務め、大ヒット曲の「恋の季節」や「涙の季節」で日本中を熱狂させた今陽子。しかし、解散後には多くの苦労があったという。そんな彼女に実はデビュー前から注目していた天才テリーが、アイドル時代から母親の介護まで全てを聞き出した。

テリー 今さん、もうデビューして55年なんだ。

 ピンキラ(ピンキーとキラーズ)で55年ですね。今陽子としてはもう56年です。

テリー ソロで先にデビューしてるからね。

 そうです。テリーさんが小田急の「ニュートーキョー」の「ばるーん」(編注:当時あったショーレストラン)で見てた頃が大学生ですよね。

テリー そう、1年の時。だから俺、今さんのこと、デビュー前から見てる。

 その頃から知っててくださって、今も業界にいらっしゃる方はほとんどいないので、貴重なんです、テリーさん(笑)。

テリー デビュー前から仲間うちで「ずいぶん可愛い子が歌ってるぞ」って、早稲田とか日大の仲間でよく見に行ってたんですよ。そしたら、どんどん国民的アイドルになっていって。

 おかげさまで。

テリー だから、最近で言えばAKB48みたいなもんだよね。誰もいない劇場で応援してたと思ったら、アッという間に武道館みたいな。結局(デビュー曲の)「恋の季節」は200万枚以上売れたんでしたっけ?

 実際には300万枚近かったみたい。だから、オリコンの17週連続1位っていう記録は、いまだに破られてないんですって。

テリー 考えられない大ヒットだよね。

 でも、売れたのはすごくうれしかったんですけど、もうあれよあれよという間に殺人的スケジュールになっちゃって。あの頃、高校1年でしたけど、学校にもまったく行けず、「私は別に勉学じゃなくて、音楽で生きていくんだ」と思って、高校2年で中退しちゃいました。

テリー もう世の中が今陽子だったからね。今の大谷翔平とかと同じぐらい。

 いや、大谷さんにはかないませんけど、今みたいにスターが多くなかったから。1968年にデビューして、その年のレコード大賞新人賞、紅白にも出させていただいて。

テリー 正に時代の寵児だったよね。(「恋の季節」の歌詞の)「夜明けのコーヒーふたりで飲もう」なんて、今で言う流行語大賞だから。

 いくら岩谷時子大先生の歌詞でも高校1年生が歌うのは大変でしたけどね。その翌年に発売した「涙の季節」の「あなたが耳もとでささやいた夜明けは」とか(笑)。だから、おかげさまで、71歳になった今でも歌えるんですけど。

テリー 今もキーを下げず、、原曲で歌える?

 今の方が音域が広いんですよ。去年も2本ミュージカルやったんですけど、ミュージカルってすごく音域が広くて、高い声を出さないといけないので。

テリー 当時よりもっと声が出るようになってるんだ。

 当時は忙しくて、寝る暇もなくて、喉が回復する時間がなかったんですよ。今の方が声帯も強いし、コントロールして歌えるようになったので、今の方が声は出ますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」