芸能

再放送中「あまちゃん」で「ぶりっ子・聖子」がお蔵入りした「猛抗議」ウラ事情

 NHK BSプレミアム・4K放送で10年ぶりに再放送されている「あまちゃん」で、主題歌「潮騒のメモリー」がtwitterのトレンド1位になるなど、再フィーバーが爆発している。

 5月16日の放送では、母・春子(小泉今日子)が娘・アキ(能年玲奈=のん)に独自の80年代アイドル論を熱弁する伝説シーンで、大盛り上がりとなった。

「今は歌を歌う人はアーティスト、演技する人は女優、モデルはモデル。すみ分けができたでしょ。でも、昔はね、ぜーんぶアイドルがやっていたの」

「聖子ちゃんのデビューが80年の春。百恵ちゃんの引退が80年の秋。つまり80年の夏こそが、2大アイドルがダブって存在した、アイドル黄金期なわけよ」

 吉川晃司、チェッカーズ、なめ猫、80年代のグッズが所狭しと並んだ「春子の部屋」で。アイドル論議はもはやノンストップ状態に。

 放送関係者は、このシーンに「封印された幻のセリフ」があったと明かす。

「実はこの後、キョンキョンが『ぶりっ子の語源は聖子ちゃん」と松田聖子について語るシーンがあったのですが、聖子サイドから猛抗議を受け、お蔵入りとなってしまいました」

 10年前の放送では、髪型も憧れの「聖子ちゃんカット」にした春子が、

「み~んな夢中だったのよ、聖子ちゃんには。なにしろ歌が上手い。もちろん、可愛い。ぶりっ子って言葉の語源は聖子ちゃんだからね。かわいこぶっているのに、同性に嫌われない。むしろ憧れの対象だったわけ」

 そんなシーンが放送されたわけだが、その後の再放送を含め、一度も放送されていないのだ。再放送を見た視聴者からは「春子さんの聖子ちゃん論を聞きたかった」と残念がる声が上がっており、

「放送当時、すでにアーティストとして活動している聖子としては、今さら『ぶりっ子』という黒歴史を蒸し返されたくない、との思いがあったようです。ちなみにドアに貼られた聖子の特大ポスターは『聖子&キョンキョン』という夢の2大アイドルを再現するために、プロデューサーが考案した演出だったそうですが…」(テレビ誌記者)

 確かに「ぶりっ子」「ウソ泣き」などを80年代アイドル論として語られるのは不本意なのだろうが、そんなスキャンダル史も含め、引き受けてほしかった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男