芸能

有吉弘行がたどり着いた「家を飛び出して立ち食いソバ」という「脱タバコの禁断症状」/坂下ブーランの地獄耳芸能

 禁煙との戦いは半端ではない。有吉弘行はかつて、1日60本も吸うほどのヘビースモーカーだったが、タバコをやめることに成功した。爆笑問題の田中裕二は、

「あいつは絶対やめらんないと思ってたぐらい吸ってたよ」

 と振り返る。

 禁煙を開始した10年前のツイッターでは「たった今、タバコをやめました。身近な方々にはイライラからくる暴力行為があるやもしれませんが、お許しを」「手が震えますね。タバコやめると。手が震えます」と禁断症状を訴えていた。

 禁煙生活はさらに過酷さを増し「飲むと吸いたくなるから飲まない、太るらしいからメシを喰わない。ツラいから寝てる。禁煙じゃなくて断食道場みたいになってきてるなぁ」とつぶやいた。

 最終的には「これが噂に聞く、禁煙したらメシが美味いってやつだろうか。家を飛び出して立ち食いソバが食いてぇ!!」という境地に辿り着いたのだった。

 伊集院光も、禁煙に成功したひとりだ。

「あの頃の吸ってたっぷりは、たぶん芸能界でいちばん吸っていたと思いますよ。だって、草野球をやっていて、一塁ランナーで吸ってましたからね」

 と豪語するほどだ。

「ラジオ中に何箱吸うんだってくらい吸ってましたよ。チェーンスモーカーどころじゃないんです。右手のが終わっちゃうから、左手に持っていよう、くらいでしたよ。今思うと幻のような感じですよね」

 それでも禁煙した理由は、どこにあったのか。

「俺はビビっちゃってやめたんだから。喉を痛めて、生放送に穴を開けちゃったんです。それでやっと退院して、申し訳ないと思った」

 伊集院は理詰めで禁煙をうまく進めたという。

「タバコを吸おうと思った時に『どうして吸うのに努力がいるんだろうか』と思って。『俺は本当に喫煙したいのか』って思ったんですよね。それほど吸いたくないな、と。それまではリズムで吸っていたんですけど、『本当に吸いたくなったら吸おう』って思っているうちに、4年経っていたんです」

 こうして聞くと、なんともアッサリ感のある成功体験なのである。

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざして奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに