芸能

お笑い界で爆発する「ハーフ芸人」ブーム!アントニーの次にくるのは「実家がゴリラに乗っ取られた男」

 結成16年以上の漫才師がタイマン対決で競い合った新お笑い賞レース「THE SECOND~漫才トーナメント~」(フジテレビ系)は、ギャロップの優勝で幕を閉じた。

 大会で唯一の5人組だったのは、超新塾。さらに唯一の外国人は、同グループのアイクぬわら。1回戦で敗退しながらも、爪痕を残したクインテットの中で、アイクはソロタレントとして引く手あまただ。

 朝の子供向けバラエティー番組「おはスタ」(テレビ東京系)にレギュラー出演するほか、今年上半期だけでも「洋服の青山」のCMで三浦友和、スケボー&BMX関連番組「エックスゲームズCHIBA2023」(日本テレビ系)で山下智久、「King & Princeる。」(日本テレビ系)でKing & Princeなど、有名人と共演。長身を生かしたモデル業、あるいはバイリンガルを生かしたナレーションと、仕事につなげている。

 アイクの成功例もあって、外国人は令和のお笑い業界で欠かせない存在となりつつある。立役者は、マテンロウのアントニーだ。アフリカ系アメリカ人のプロボクサーだった父と、日本人の母の間に生まれたハーフ。しかし、父は3歳の時に死去。以降は日本の文化で育ったため、英語を話せない。

 それを克服するために英会話スクールに通うと、先生と間違われ、現実的には英検5級に落ちる始末だ。母はその後、日本人の寿司職人と再婚。現在は両親ともに日本人という、容貌とのギャップがある人生を歩んでいる。

「アントニーはその全てをネタにしています。強烈な見た目と相反して、内面はピュアでしゃべりが達者。それが『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で買われて、ハード系ドッキリの常連になっています」(テレビ関係者)

 次世代芸人で注目株は、センチネルのトミサット。父がウガンダ人、母が日本人で、父の村と実家がゴリラに乗っ取られるという、強烈すぎるエピソードを持っている。現在30歳で、結成2年。ド新人ながらも、昨年10月期のドラマ「最初はパー」(テレビ朝日系)で俳優デビューした。同年の「ゴッドタン」(テレビ東京)では、「この若手知ってんのか!?2022」の「今のバラエティで売れそうな芸人」部門で堂々トップに輝いている。現在放送中の、超若手芸人が集められた実験的深夜バラエティー「深夜のハチミツ」(フジテレビ系)にはレギュラー出演中だ。濃いキャラを上回る爆笑をさらっている。

 アイドル業界のみならず、お笑い界にもグローバルの波が押し寄せているのだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
4
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
5
旧ジャニーズ勢「12番組全切り」で経費ガッツリ削減も…ラジオ放送を取り巻く厳しい実情