社会

現役ヤクザが「ガーシー逮捕」をぶった斬る(2)ケツモチが身柄を押さえに

 ガーシーと闇社会の関わりはこれに終わらない。一時期ガーシーは、ヒットマンが自分を狙っていると主張していた。配信した動画内では、「3人のヒットマンがいて、2人は止められたが、1人はドバイまで来て、本当に命が危なかった」と語ってもいる。

 言ってしまえば、ガーシー本人のみぞ知る、いわば眉唾モノの話である。西日本の独立団体で幹部を務める現役ヤクザはこう言う。

「狙われた? そんなんタマ(命)取るほどの価値もないよ。リスクが大きすぎる。それに今どきはヤクザだって組員も少ないんだ。わざわざドバイまで若い衆飛ばして殺す、なんてことはありえない」

 一方で、こんな別の意見も。アウトロー事情に詳しいライターの根本直樹氏が、とある組織の幹部を取材した際、こんなことを漏らしていたそうなのだ。

「昔からのつながりで、バックにヤクザのケツモチがいる芸能事務所はまだ存在します。それに、ガーシー自身も、芸能界とつながる『ヤクザ系アテンダー』の縄張りを荒らし、詐欺行為を働いてドバイに飛んでいますから、そういう連中が『身柄を押さえようと躍起になっていたのは事実』と言うんです。ただ、殺してもメリットは全然ない。本人はそう思い込んでいるかもしれないが、そんな目立つことをやったら、今度はヤクザ側が目をつけられますからね。ケジメとして、金を絞れるだけ絞ろうとしていたんです」

 いずれにせよ、ドバイで接触を図った人物が、いわゆる「殺し屋」だった可能性は低い。仮に本物のヒットマンが暗躍していたとしても、逮捕・勾留されている今のガーシーを手にかけることはもはや不可能に近いはずだ。

 根本氏が言う。

「逮捕された現状に、ホッとしていると思います。ガーシーは不逮捕特権を狙って議員になったり、逮捕されないと見込んでドバイに滞在していましたけど、当時見込まれていたのは、大方の示談が済んだ詐欺罪だったし、今回の逮捕容疑も言ってしまえば刑期の短いションベン刑ばかり。サッと帰国して裁判すれば不起訴だってあったはずです。それでも帰ってこなかったのは、逮捕が怖かったんじゃなくてヤクザや半グレにガラを押さえられるのが怖かったからでしょう。だからむしろ、今は逆に、多少の長期刑すら期待しているかもしれません」

 長いお務めともなれば、少なくとも生命を脅かされることはない。本人は今、ドバイの高級ホテルとは程遠い日本の狭い留置場で、何を考えているのだろう?

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】