スポーツ

W杯不完全燃焼の久保建英が見せたエルサルバドル戦の「覚醒」は本物か

 日本代表がエルサルバドルに6-0で圧勝した。

 しかし、試合は予想外の展開で始まった。開始3分に、相手DFがペナルティ・エリア内で上田綺世を倒し一発退場。残り時間を11人対10人で戦うことになった。

 レベル的にも格下で、しかも10人になったエルサルバドルでは強化にもならなかった。だから、代表初出場の選手、久しぶりに代表復帰を果たした選手、代表初ゴールを決めた選手など、全員のプレーが良く見えた。これでは、とても強化試合とはいえない。

 ただ、そんな中でもひときわ輝いていた選手がいた。それが久保建英。この試合で1ゴール2アシストの活躍。しかも中村敬斗のゴールをアシストしたパスは相手の股抜き。エース候補の三笘薫、代表の新10番堂安律を完全にわき役に追いやっていた。

 子供のころから注目され、19歳で代表デビューした。将来の日本のエースとして期待されてきたが、代表ではなかなか結果を出せなかった。現に今回のゴールが代表24試合目にして2点目だ。昨年のカタールW杯でも2試合に先発したが、前半で交代と不完全燃焼に終わった。

 今までの久保は代表でも、消えている時間が多かった。それがW杯後、所属するレアル・ソシエダでチームの中心ともいえる活躍を見せ、クラブを欧州チャンピオンズリーグ出場に導き、リーグのベスト11にも選ばれた。W杯後、一番成長した日本人選手といっても過言ではない。

 その成長をエルサルバドル戦で見せつけた。常にボールサイドに顔出し、周りを活かしながら自らもシュートを打つ。相手が10人になったとはいえ、攻撃の中心になっていたのは確かだ。

 6月4日に22歳になったばかり、まだまだ成長する可能性を秘めている。

 次の代表招集は9月の欧州遠征。相手はドイツ代表と決まった。ドイツにとってはW杯でのリベンジマッチになるが、久保にとっても前半で交代させられた悔しさがある。

 本当の意味で日本代表の中心になれるかどうか。ドイツ戦での久保のプレーに注目したい。

(渡辺達也)

1957年生まれ。カテゴリーを問わず幅広く取材を行い、過去6回のワールドカップを取材。そのほか、ワールドカップアジア予選、アジアカップなど数多くの大会を取材してきた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」