社会

広末涼子スキャンダルに持論を展開した三浦瑠麗に「お前が言うな」の返り血

 夫キャンドル・ジュン氏の会見や、鳥羽周作シェフのその後の対応などでドロ沼化の様相を呈している、広末涼子の「きもちくしてくれて」不貞騒動。

 旬の話題ということあり、各界のひとこと言いたい著名人は、この騒動にこぞって参戦。堀江貴文氏らインフルエンサーや、おぎやはぎを筆頭とするお笑い芸人など、広末かキャンドル氏のどちらにサイドに付くかは異なれど、連日のようにコメントが出てきている。

 そんな中、このスキャンダルに首を突っ込んだものの、返す刀で総スカンを食らってしまった有名人が2人いた。

「まずは国際政治学者の三浦瑠麗氏ですね。6月16日にツイッターを更新して、私見を述べました。広末については『女優とは恋に落ち続けられる能力だ』というふうな、広末の肩を持つような感想を投稿。そしてキリンビールのCM動画が削除されたことにチクリと言うつもりだったのか、『日本企業は広告塔として良妻をほしかっただけ』で、三浦氏はそれが嫌なのだと。当然、このコメントに対しては、批判が100%です。三浦氏自身が夫の逮捕に絡んで、疑惑の真っ只中にありますから」(芸能記者)

 その批判を見ると「疑惑の最中に番組降ろされた自分のことを言ってるだけ」「つまりアナタも女優気取りで不貞してるってことですか」などと散々だ。

 三浦氏は広末の交換日記についても「谷崎潤一郎のラブレターのほうがよっぽど際どいじゃないか」と投稿。これも論点のすり替えと捉える人は多く、まるで相手にされていない状況なのである。

「もう一人は少年革命家こと、不登校ユーチューバーのゆたぼんですね。まさかこの話題に乗ってくるとは誰も思っていなかったようで、『ラブレター公開とかやりすぎやろ。やめたれや!』と、広末に対してイジメをしていると意見した。『お前ら学校に行って何を学んできてん!って思うわ。学校で大切なことも学ばんのやったら学校に行く意味ってあんのか?』と、自らの立場に寄せる発言をしていましたね」(前出・芸能記者)

 これには総じて「子供の出る幕じゃない」「学校出て会社に勤めて結婚してから言いなさい」と、問答無用のバッサリだった。

 夫が逮捕された東大卒の国際政治学者と、まだ未成年の不登校ユーチューバー。確かにこの2人の持論は、渦中の広末とジュン氏と鳥羽氏には何の参考にもならないかも。

(山田ここ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】