社会

「飛び込み自死の名所」JR新小岩駅が不名誉な称号を返上した「決定打」

 人身事故が頻発し、「飛び込み自死の名所」などという不名誉な称号を与えられていたJR東日本の新小岩駅(東京都葛飾区)。そのイメージが定着したのは2011年に起きた事故がきっかけだった。

 同駅を通過中の成田エクスプレスに女性が飛び込んだところ、跳ね飛ばされてホーム上の売店に突入。店にいた客が巻き添えになり怪我を負ったのだ。これをニュースが取り上げ、その後も飛び込みが相次いだ。

 ところが近年、そうした事故の話は聞かなくなった。

「実際、事故は減っているようです。去年は3件で、8件もあった11年に比べれば確実に減っています」(鉄道ライター)

 なぜ減ったのか。事態を重く見たJR東日本は、ホームに警備員を通常よりも多く配置。さらにホーム上のベンチを線路と垂直にして突発的に飛び込むのを防いだり、心を落ち着かせるとされる青いライトを採用するなど防止に力を注いだ。

 決定打となったのが18年12月に使用が開始されたホームドア。当初は20年度までに設置する予定だったが、利用者の要望を受けて前倒しされ、他の総武線の駅に先駆けて快速線ホームに設置。大きな抑止となった。

「その後、コロナ禍でテレワークが進んだことで乗客が減り、事故も減少しました。乗客は戻ってきていますが、このまま増えずにいてほしいものです」(前出・鉄道ライター)

「飛び込み自死の名所」などという悪評が人々の記憶から消えてくれるといいのだが。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる