スポーツ

阪神・岡田彰布監督が「縁もゆかりもない仙台で有名人」になったビックリ仰天の「どんでん語録」

 交流戦で失速したものの、セ・リーグ首位をなんとかキープして、6月23日からのリーグ戦再開に突入する阪神・岡田彰布監督。大阪出身で、現在も兵庫県内に自宅を構える虎将だが、実は仙台にも縁を持つようになった理由は、あまり知られていない。

 楽天との交流戦があった6月6日に、岡田監督は宮城県の東日本放送(テレビ朝日系列)の単独インタビューに応じていた。

「2015年から解説をしており、その時はオリックス、阪神とセ・パ両球団で監督経験がある球界OBとして招かれました。大人しく内気な性格の人が多い東北エリアで、ホンネ丸出しに『そらそうよ』など、どんでん語録を中継で連発する仙台の他のテレビ局はビックリ仰天。『ウチでは到底、起用できない。視聴者から苦情が来そう』とビビりまくっていました」(地元放送関係者)

 関西では絶大な人気を誇る岡田監督だが、ずっと気になっていたことがあった。

「岡田さん自身が『俺のことはヨソの地域でもみんな知ってるんかなぁ』と気にしていた。それならと仙台に解説業の仕事を売り込んだら、東日本放送がオファーをしてくれたのです」(当時を知る関係者)

 もうひとつ、岡田監督の出身学校によるものも大きい。

「KHB(東日本放送の愛称)は早稲田大学閥が強いことで有名です。仙台出身で現在も解説業で福岡から呼ばれている江尻慎太郎は、早大野球部出身。6月7日に中継した楽天×阪神戦は、同じ早大OBの鳥谷敬がキャスティングされる徹底ぶりです」(前出・地元放送関係者)

 岡田監督が縁もゆかりもなかった仙台の地で名をはせるようになった裏には、評論家時代に属した媒体でもキャッチできなかった、知られざるエピソードがあるのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」