スポーツ

勝ち星も負け数も全く同じ!松坂大輔と岩隈久志「どっちが上か」論争

 米大リーグエンゼルス・大谷翔平の活躍が連日メディアを賑わせているが、そのためかここへ来て、メジャー経験のある2人の投手比べがネット上で話題になっている。「松坂大輔と岩隈久志、どっちが上か」論争だ。

 松坂は1998年に西武に入団。2007年からはレッドソックスで活躍し、メッツを経て帰国。ソフトバンク、中日、西武と各球団を渡り歩き、通算成績は日米で377試合に出場し、170勝108敗2セーブ。

 一方の岩隈は1999年に大阪近鉄に入団。その後、楽天からマリナーズを経て巨人で引退。通算成績は日米合わせて376試合に出場し、170勝108敗2セーブを記録。実働年数こそ違うものの、驚くべきことに成績が一緒なのだ。

 松坂はルーキーイヤーでいきなり16勝を挙げ、その後も2桁勝利を続けるなど「怪物」ぶりを見せつけた。一方、岩隈も大阪近鉄時代の4年間で42勝を挙げ、エースとして活躍。どちらも甲乙付けがたいが、意外やファンの意見を見てみると、岩隈を推す声の方が大きいようだ。

 スポーツライターが語る。

「評価の分かれ目は、2人が所属していたチームにあるようです。松坂は当時、常勝球団だった西武で勝利を積み上げましたが、一方の岩隈は結成されたばかりの楽天で一人奮闘していた期間がありますからね。特に2008年は21勝と当時では驚異的な勝ち星を挙げています。また、松坂がメジャーでも常勝軍団のレッドソックスに所属していた一方、岩隈は4位が定位置のマリナーズ。勝負の世界に『たられば』はありませんが、松坂と岩隈がそれぞれ逆のチームに所属していたら、勝敗が同レベルにはならなかったかもしれません」

 それにしても、どちらの選手も一時代を築いた名投手だが、まさかここまで通算成績が似通っていたことには改めて驚かされる。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」