社会

韓国メディアが事実無根のデタラメ報道で福島“日本酒”が風評被害に

 人気グルメ漫画主人公の「鼻血描写」騒動を最後に、ようやく国内で鎮静化した感のある福島県への風評被害。ところが反日路線を続ける韓国で、聞き捨てならない風評がタレ流されていた。現地テレビ局と韓国国会議員が連係して騒ぎたてる「衝撃ニュース」を検証すると──。

 韓国テレビ局・YTNニュースが去る9月11日に報じたのは、「放射能流出したフクシマの酒が25トン(韓国国内に)流通した」というニュース。

「福島原発事故以降の3年間で福島県産の日本酒25トンが韓国に輸入されているとしたうえで、国内で放射能汚染が広がるかのように示唆するという内容でした」(韓国情勢に詳しいジャーナリスト)

 さらに同番組では、韓国の与党セヌリ党に次ぐ第2政党の李穆煕〈イモクヒ〉議員の、

「日本の米と地下水が放射能に汚染されていることは周知の事実。日本酒の原材料である米と地下水の産地を知ることは難しく、福島県以外の日本酒も安全ではない」

 というコメントまで紹介したのだ。番組では福島県産の日本酒の具体的な銘柄まであげて槍玉に上げていたが、その「奥の松酒造」(二本松市)の関係者が憤りの声を上げる。

「以前は韓国の貿易業者を通じて、韓国の和食レストランやスーパーに流通させていましたが、東日本大震災後は発注もなく、一切、出荷していません。だから『奥の松』の名前があがること自体ありえない。報道はデタラメですよ」

 実際、この放送にはズサンな点も見える。画面に輸入された日本酒として映し出されたのは、奥の松酒造の製品ではなく「會津ほまれ」などの銘柄がある「ほまれ酒造」の製品だ。同社従業員も困惑を隠さない。

「そんな報道が行われているとは初めて知りました。そもそも弊社は、1年前からは発注がなくなり、輸出はやめていますし、韓国メディアの悪意が感じられます」

 そして、番組放送直前に不可解な電話を受けたことを明かすのだ。

「確か9月9日でしたが、会社に『韓国大使館の職員』と名乗る、片言の日本語を話す男性から『そちらの会社は、どんな放射能検査をしているのか? 日本酒に使用している米や水の産地も教えてほしい』という問い合わせがあったんです」

 韓国大使館では、

「そのような事実はありません。韓国大使館に放射能汚染を検査する部署はありません」(担当者)

 とのことで、ますます“怪しげな思惑”が見え隠れするのだ。

 番組で福島産の日本酒が放射能で汚染されていると決めつけた李議員にも、25トン輸入されたという福島産日本酒の銘柄の確認と、くだんのコメントを出した理由について回答を求めた。不在の李議員に代わり李氏の政策秘書がこう話す。

「25トンという輸入量は韓国食品医薬品安全庁からの情報で、(「奥の松酒造」と「ほまれ酒造」からは)国内の貿易会社の『C』社と『I』社を通じ1年前まで日本酒を輸入していたそうです。日本酒の原料に『地下水と米』とありますが、その産地の記載がなく、1トンにつき1回の検査というのは韓国では不十分なので、問題視してコメントを出しました」

 秘書が名前をあげた貿易会社のうちC社とは連絡が取れなかったがI社では、

「1年前から韓国の消費者が嫌がるので、福島の日本酒の輸入はやめています。現在は他の産地の日本酒を輸入しています」(担当者)

 しかし、前出の「奥の松酒造」の関係者と「ほまれ酒造」従業員によれば、ともにI社ともC社とも取り引きはないという。そして日本酒の原材料の米、水についてもダブルチェック、トリプルチェックで厳格な検査をしており安全性には絶対の自信がある、と断言した。

 細部を少し確認しただけで、いたるところでホコロビが目立つ韓国メディアの「衝撃ニュース」に信憑性がないのは明らか。「まず反日ありき」なやり口には、いいかげんウンザリだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え