芸能

鳥羽周作シェフ「頭の悪いご意見番」暴言三昧に和田アキ子が怒り爆発! キャンドル・ジュンには「あいつはクソ」コキ下ろし

 和田アキ子が怒り心頭だ。

 コトの発端は、7月1日に放送されたラジオ番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送)で、和田が発した言葉だった。広末涼子とのW不貞スキャンダル渦中の鳥羽周作シェフが「週刊文春」でインタビューに応じているのだが、そこで妻と連絡が取れない状態であると語っているのだ。和田はこれについて「家族とは会えてないけど、広末さんとは連絡とってるの。どないなってんの」などとコメントした。

 これに我慢ならなかったのか、鳥羽氏は同日、長野県小谷村に新しくオープンした自身のレストラン「NAGANO」のオープン初日に訪れた「東スポWEB」の記者に対し、

「俺は(連絡)取りたいけど、向こう(鳥羽氏の妻)が今とってほしくないって言ってるからとってないってだけの話で。しかも広末さんと連絡取るの、普通じゃん。文春の話とかで事実ベースで連絡取るでしょ。これどうなってんの、とか」

 そう事情を語った上で、和田を想定したと思われる批判を展開したのである。

「頭悪いよなって思いますよね。ご意見番って言ってるけど、何なのかなって思いますけどね」

 この猛口撃を受けて、和田は7月2日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、怒りを爆発させた。

「この方(鳥羽氏)が私のこと『頭のあまり良くないご意見番』とおっしゃって…。すいません、頭の悪いご意見番で。今朝のネットニュースで(鳥羽氏がキャンドル氏に)謝りに行く気は全くないと。(キャンドル氏は)もともと色々ある人だから、行ったとしてもこっちが傷つけられる。文春も読みましたけど、そこに書いてあることと正反対のことを言っている。全く自分は悪くない。(広末のことを)真剣に思ってるから謝る必要もないんだ、ということまで書いてあるんですよ」

 どうにも怒りが収まらない和田は、こうも言う。

「どういうことなんですか。私をなんで出すんですか。言ってることがおかしい。文春とまったく逆。キャンドル・ジュンさんのこと、ボロクソですね。ご意見番って言われることに腹が立つ」

 和田が指摘したように、鳥羽氏は「東スポWEB」に対し、キャンドル氏を次のようにコキ下ろしている。

「俺の方がちゃんと法律も守ってる。向こうは暴行、傷害ですからね。それなのに同列で扱われるのってどうなのって思うし。クソっすよ、あいつは。それわかった上であんな泣き落としみたいな。まぁでも出てくると思いますよ。不貞行為なんて10くらいあるんじゃないですか、俺が知ってる限り。マジでああいうやつは抹殺された方がいいですよ、ホント。俺の方がまだ純愛でまともじゃないすか。しょうがねえなって感じじゃないですか」

 暴行、傷害とは「週刊女性」に報じられた、キャンドル氏の過去の暴行や不貞疑惑のことだ。とはいえ、「週刊文春」のインタビュー記事とは真逆の発言をした鳥羽氏に、和田ならずとも首をかしげるのは当然のことだろう。

 鳥羽氏のこのブチまけ発言については、7月2日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が、次のように論評している。

「文春の会議室の中だとアウェイ感が強いので、かなり丁寧に答える。対照的に昨日(7月1日)長野県で自分の新しいレストランは文春のインタビューと全く違う雰囲気で、キャンドルさんの猛烈な批判してるわけですよ。アッコさんにまで噛みついてるんですよ」

 MCの爆笑問題・太田光は、

「いちばん噛みついちゃいけない人ですよね」

 と返していたが、太田が恐れた通りの展開になったのである。

 鳥羽氏の暴言三昧で、ますます泥仕合の様相が強まってきたスキャンダルは、まだまだ決着しそうにない。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった