スポーツ

長州力「テレビに出るのはしんどい、ツラい」/テリー伊藤対談(3)

テリー 2019年に現役を引退されてツイッターを始めて、大ブレイクしたじゃないですか。

長州 大ブレイクっていうか、いたずらで、わかんなくてやってるだけですね。

テリー きっかけは何だったんですか。

長州 いや、スタッフが「やってください」って言うから、「じゃあ、教えろ」っていうことで。でも、僕がツイッターで書いてることって、普通の人が書いてることとは内容がまったく違いますよね。でも、スタッフが「それでいいですから、そのままでやってください」って言うからやってるだけですね。

テリー それが逆に長州さんの人柄が出て、人気なんじゃないですか?

長州 ほんとに人気があるのか、よくわかんないですけどね。

テリー でも今、バラエティー番組とかCMとか、引っ張りだこじゃないですか。居心地はどうですか。

長州 しんどいですね。

テリー あ、しんどいんだ。

長州 ツラいです。

テリー 何がそんなにしんどいんですか。

長州 やっぱり、70歳手前からテレビの仕事をいただくようになって、どうすればいいのか、まずわかんないですし。前もって説明はあるんですけど、今までまったくやったこともないようなことの中で、ひとつの役割の分担ができるのかなっていう。

テリー そんなに深く考えなくてもいいんじゃないですか。

長州 毎回そうですよ。だから僕は、テレビ局の控室にいるのは、たぶん今でもいちばんツラいですね。控室にいると、いろんな人が挨拶に来ますよね。また、あれが本当にツラくて。僕は暑がりだから、控室に入ったらすぐ裸になりたいんです。でも、いろんな人が挨拶に来るから、そのたびにシャツを着なきゃいけない。あれはシステムなんですかね。

テリー うーん。そうなんでしょうね。

長州 みんな「おはようございます」って言いますけど、もう昼は過ぎてるし。

テリー それはそうです。

長州 だから、僕はいつも「お疲れさまです」って。

テリー テレビの世界って、最近は働き方改革もあって、夜遅くまで働く人も減りましたけど、そもそもはコンビニみたいに24時間動いてる業界で。夜中から働き出す人もいれば、早朝とか昼過ぎに出て来る人もいるんですよね。

長州 だから、「おはようございます」?

テリー で統一したような気がするんですよ。もちろん、夜中に「おはようございます」って変なんですけどね。

長州 控室の挨拶も、やっぱり業界の決まりなんですか。

テリー いや。特番はわかりませんけど、レギュラー番組だったら、「もう来なくていいよ」って言う上の方も多いですよね。来られる方も毎回は大変だから。

長州 僕は一度も行ったことないです。行かなければ来ないだろうと思うんですけど、やっぱり挨拶しに来ますね。

テリー マネージャーに「うちの長州は挨拶はいらないです」って言ってもらう方法もありますよ。

長州 いや、それはしょっちゅう言ってるんですよ。だから1回、控室のドアに貼ってある名前の「長州」と「力」の間に、「小」を書けって言ったことがあるんです。

テリー アハハハハ。長州小力だったら誰も来ないから。

長州 そういう意味じゃないですけどね。

テリー まぁ、それだけ長州さんの名前がビッグネームなんですよ。

長州 ありがたいですね。お仕事もいただいて。

テリー ほんとに。これはしょうがないですよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題