芸能

RaMu「AIグラビアなんて敵じゃない」/旬のグラドル直撃インタビュー

 グラドルにして次世代サブカル系タレントが、原点回帰。黄色い水着と恥ずかしすぎるナース服で、AIが作るグラビア画像をブチのめす!

──最新DVDは通算15枚目!

RaMu 珍しく晴れたんですよ。私は雨女で、今までのロケの8割は雨なんです。

──意外だね。じゃあ、タイトルを教えて。

RaMu 「THEグラビア」です。

──まっすぐだね。

RaMu 超原点回帰の、まさにイメージDVDです。ストーリーはなく、チャプターごとのオムニバスになります。

──その中でも、お気に入りのシーンはどれ?

RaMu やっぱり海辺の黄色い水着ですね(「週刊アサヒ芸能」7月13日号3ページ参照)。

──確かに、ラムちゃんのイメージある。

RaMu 黄色やオレンジは元気ハツラツに見えて、そしてスタイルもよく見えると私は思っています。

──いや、あなたはもともとスタイルいいから。あ、でも、ヤセた?

RaMu よく言われます。原因はゲームと映画で夜更かしするからだと。

──引きこもって動かずにいたら、太りそうだけど。

RaMu ごはんを食べるのも忘れちゃうんです(笑)。あと、頭を使うとヤセるような気がします。

──なるほど。話は戻って、逆バニーもあるんだ。

RaMu 最近、流行っているって聞きました。流行っているといえば、AIグラビアには負けられないな、と。

──何それ?

RaMu AIが精巧なグラビア画像を生成するんです。顔がかわいくてスタイルもよくて。

──まぁ、機械で描くんだから、そうなるよね。

RaMu でも、私のDVDはAIに負けてない、敵じゃないぞって。

──おぉ、かっこいい!

RaMu でも、今回いちばん恥ずかしかったのはナース服です(笑)。

──なんじゃそれ。そういえば、RaMuちゃんはユーチューバーとしても有名だけど、自分のYouTubeチャンネル以外にも番組があるんだってね。

RaMu はい。映画好きが集まってラフに話す「シネマンション」という番組です。芸人さん2人と私が司会を務めてます。

──映画品評みたいな?

RaMu そんな大それたものではなく「おもしろかったよー」とか軽い感じですね。7月にはイベントもやるんですよ。

──レッドカーペット?

RaMu いえいえ(笑)。映画館を貸し切って、みんなで映画を見てから、その場で感想を言い合います。

──作品選びは?

RaMu 前に開催した時は、私たち司会の3人がいくつか選んだ中から投票していただきましたが、今回は私たちだけで決めました。

──RaMuちゃんは恋愛映画が苦手だと聞いたことがある。

RaMu モノによっては大丈夫なんですが、他人の恋愛を見せられても…。日本のラブコメとかもあんまり…です。

──好きなジャンルは?

RaMu SF、サスペンス、スリラーですね!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」