芸能

唐沢寿明、上戸彩にも絶賛される木南晴夏の魅力の秘密

 29日、女優の木南晴夏と、4人組バンド『ONE OK ROCK』のベース、Ryotaの熱愛が報道された。彼女に詳しい芸能関係者が語る。

「同じ大阪出身で、木南さんが4歳年上です。彼女は話すスピードもそうですが、マイペースなんです。決断が早く、決してぶれません。でも頑固ではないですし、人懐っこいんですよね。クラシックバレエ、日本舞踊を習ってる他、家庭菜園、パン作りの腕前はプロ級です。韓国語と英語も日常会話なら話せますし、そうした前向きで多彩な所にもRyotaくんは惹かれたようですよ」

 その木南、高校でデビューした後は下積みが続くが、2009年に人気漫画が原作の映画『20世紀少年』で小泉響子役を演じ、「原作と瓜二つ」と絶賛され、転機となった。芸能関係者が続ける。

「確かに容姿は似ているのですが、度胸と努力、演技力の賜物なんです。出演者が大物揃いの中、ほぼ無名の彼女は尻込みせず、『楽しんでやるぞ』と望み、原作を読み込んで感情移入。『どっかでこの驚き方やってやる』と非常に前向きに演じました。その結果、堤監督は『プロだ。気合いで似せてる』。唐沢寿明さんは『漫画みたいなリアクションって普通出来ない。凄い』。常盤貴子さんは『凄い努力家で、監督に言われた事を自分のものになるまで練習する。その姿勢から私も学ばされた』と大絶賛。その上、自分の世界に入り込まず、いじられキャラで現場を盛り上げますから、共演した役者さんは皆、彼女を好きになるそうですよ」

『昼顔』で共演した上戸彩にも「同じ年で一番刺激を受けている女優」と絶賛されていた木南。将来、ドラマで木南が主演、ワンオクが主題歌という日がやってくるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談