芸能

中川翔子も木下優樹菜も「ryuchellは誹謗中傷を苦に自殺」断定論に大黒摩季がビシッと放つ「ひと言」

「メディアの煽りや、何も知らないくせに、あたかもなコメントをコメンテーターとして発するあの人やあの人やあの方。誹謗中傷くらいまくった私は本当に気持ちがわかりすぎる」

 ryuchellの自殺報道を受けてThreadsにこう投稿したのは、木下優樹菜だった。ryuchellがSNSなどでの誹謗中傷に悩んでいたとされることについて、ホンネを明かしたのだ。続けて、こうも綴った。

「535万人いた優樹菜のインスタ、引退するまで活動休止中全部誹謗中傷見てたよ。すごいんだから 地獄。何回もふと、消えた方が良いかなとか思ったけど、朝、目が覚めないママを見たときの娘たちの気持ち考えちゃって、無理だったし。 てゆうか、くそみたいなヤツらの為に そんな選択しないで。ておもうよ」

 訴訟沙汰にまでなる恫喝・脅迫トラブルを起こして芸能界から去った木下と、ryuchellを同列に捉えることはできないが、誹謗中傷が死の一因となったのかどうかもわからない。が、こうした「誹謗中傷⇒自殺」の論調は芸能界から続々と上がっている。

 中川翔子は「人の事を誹謗中傷した人には絶対罰が当たると思う。放った言葉は自分に返ってくるよ」とTwitterに投稿。ものまねメイクのざわちんも「全く家族に関係のない赤の他人(アンチ)によって1人の子供の父親が亡くなった。失った。あなたたち責任取れるの? 責任取れる思いでひとつひとつ発言してる? 人に投げかける言葉に重みを感じなさい。無責任が」。もはや断定的だ。

 ジェンダー差別の観点からは、浜崎あゆみがInstagramに次のように投稿している。

「あなたもただの人間で あの子もただの人間じゃないのかな。みんな同じただの人間じゃん なんでそんなにラベル分けしたがるの? もうさ、ほんっとにやめようよ」

 芸能記者が語る。

「ryuchellがpecoと離婚した理由に関して様々な誹謗中傷を受け、それに苦しんでいたことは事実でしょう。また、LGBTの面で悩みを抱えていたことも事実でしょう。ただ、なぜ死を選んだかの理由はハッキリしていない中で、影響力のある芸能人たちが憶測で死の理由を『誹謗中傷』や『ジェンダー』と決め付けて発信することは、大きな誤解を招くリスクを伴います。ryuchellの死に便乗して、ここぞとばかりに自論を声高に展開している、と思う人もいるでしょう。冷静に判断できるネットユーザーばかりとは限りませんから」

 そんな中で歌手・大黒摩季は、ひとり歩きする様々な「意見」に対し、自身のInstagramに冷静かつ客観的なコメントを残している。

「まるで事実みたいになっちゃうから、そういうことを書かずに静かに受け止めませんか?」

 静かにryuchellの死を悼むべきかもしれない。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】