芸能

報道番組「舌禍で打ち切り」を招いたカンテレ新実彰平アナに「ツイート全削除」の強制措置が!

 カンテレの新実彰平アナウンサーが自身のSNSに投稿した過去のツイートを全て削除し、波紋を広げている。

 新実アナは「ツイート全消去しました」と報告。続けて「『Twitterにも丁寧な言論を』『メディア従事者自らも説明や議論を』との思いに変わりはありません」とした。一方で「ただ文字数の制約と私自身の拙さで、むしろ逆の結果を招いたり、私という人格が実態と乖離して伝わったりするばかりでした…」と記し、最後は「反省と共に出直します」と締めくくった。なにやら抽象的な物言いだが、これはいったい何を意味するのか。在阪メディア関係者が事情を明かす。

「新実アナは昨年夏に銃撃され死去した安倍晋三元総理に関して、担当するニュース番組『報道ランナー』内での発言で炎上しました。局サイドは最終的に、今春には番組もろとも終了する判断を下し、新実アナは報道担当からスポーツ担当へと変更になった。とはいえ、ツイートに関してはまだまだ政治的な発言が多く、局内で『消させた方がいいのでは』との意見が出ていた。そこで全消去となったようです」

 この「強制措置」について、別の放送関係者は、

「ここまできて全消去させるとは、本人にとっては気の毒ですが、会社員と発信者のはざまで悩んでいるのではないですか」

 京都大出身の秀才は、今後も局アナとしての器に収まるとは考えにくいが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった