芸能

能年玲奈 モデル出身女優の自然体“スタイル”とは!?

20141010nonen_2

「あまちゃん」で主人公を演じ一躍脚光を浴びた能年玲奈(21)が、その後も着々とキャリアアップを果たしている。

 今年8月に公開された映画「ホットロード」(松竹)も興行収入20億円を突破し、昨今の映画不況下で予想を超える大健闘となった。

 さらに、12月には「ホットロード」と同じく人気少女漫画を原作にした「海月姫」(アスミック・エース)の主演を務めることも決定しているのだ。

「所属事務所は、先輩の“ガッキー”こと新垣結衣に続いて、昨今では珍しい、ドラマだけではなく映画でも堂々と主役を張れる若手清純派女優として育てようと考えているようです。今回主演する『海月姫』も、『ホットロード』と同様に原作漫画も高い評価を受けている作品で、ヒットは鉄板と言われていますしね。ヘタなドラマに主演させてミソをつけるよりも、出演する作品も吟味して、大事に育てていこうという意識の表れでしょう」(芸能レポーター)

 まさに本格女優として“英才教育”を受けている能年だが、その一方で現場の芸能マスコミの間では意外な愛称で呼ばれているとか。

「能年さんは我々の間では“猫娘”って呼ばれているんですよ。猫娘というと、容姿が猫みたいにカワイイからだと想像されるかもしれません。確かにパッチリした瞳は猫っぽくもありますが、実はそうではなくて、その由来はスタイルにあるんです。能年さんは新垣さんや栗山千明さん、川口春奈さんらを輩出したファッション誌『ニコラ』のモデル出身として知られていますが、元モデルのわりには極度の猫背なんです。シャイな性格ゆえか、よく首を前に出した前傾姿勢で恥ずかしそうにしているんですよ。まあ、過度に胸を張って、堂々と振る舞うことで“女優オーラ”や“イイ女オーラ”を放っている人が多い中、そういった“猫スタイル”が自然体で、愛嬌もあって、いいんですよね(笑)」(芸能記者)

 はたして、能年が“猫娘”を卒業して、周囲の期待に違わぬ大女優の貫録を身につける日は来るのか!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント