芸能

テリー伊藤対談「半井小絵」(1)日本銀行では秘書もしていた

20141023k

●ゲスト:半井小絵(なからい・さえ) 1972年生まれ、兵庫県出身。気象予報士。日本銀行在職中に気象予報士の資格を取得。02年より2年間、関東甲信越地方の気象情報を担当した。04年より7年間、「NHKニュース7」の気象キャスターを務め、「午後7時28分の恋人」と呼ばれるほどの人気を博す。現在はテレビ出演のほか、気象や防災に関する講演活動などを行っている。11月7日、ファースト写真集「雲の向こうへ」(イーネット・フロンティア)が発売予定。

 元・NHKお天気キャスターの半井小絵が、今秋に写真集を発表。現在も気象の仕事を続けるかたわら、ランジェリー姿で体を魅せる表現に初挑戦した。本誌今号のグラビアでも、変わらぬ快晴スマイルを見せてくれたが、天才テリーが過去の「男性お天気図」までどんどん聞き出して‥‥?

テリー 「半井(なからい)」って、珍しい名字だよね。

半井 そうですね。天皇と井戸を半分ずつ使っていたので、半井という名前を天皇からいただきました。天皇家の御殿医だったんですね。

テリー すごい。由緒ある名前なんだ。小絵というのもいい名前ですね。

半井 うちの母が、絵画の「絵」という字を使いたかったらしくて。

テリー なるほど。しつけは厳しいご家庭だったんですか?

半井 「全国厳しい親選手権」というのがあるとすれば、きっと10位以内に入るぐらい厳しい家庭でした(笑)。門限も早くて。

テリー 何時ぐらい?

半井 高校時代でしたら、9時には必ず。

テリー 高校は共学だったの?

半井 女子高ですね

テリー じゃあボーイフレンドは?

半井 近くの男子高にいたんですけど‥‥

テリー 半井さんは美人だから、モテたでしょう。

半井 いえいえ、とんでもないです。デートといっても、大阪城を一緒に歩いたぐらいでしたし。

テリー ホント? どこでキスしたの?

半井 いえ、ホントにそういうことはしたことがなかったんです。

テリー じゃあ、清らかな青春を送っていたんだ。

半井 そうなんです(笑)。

テリー 半井さんって、大学卒業後は日本銀行に勤められたんだよね。どうして銀行に入ったんですか。

半井 うちの母が銀行勤めだったんですね。それで就職は銀行にということで、母の希望どおりに。

テリー 銀行では、どんなお仕事をしていたの?

半井 人事や総務、あとは秘書をやっておりました。

テリー そんな安定したお仕事に就いていたのに、どうして気象予報士を目指そうと思ったんですか。

半井 部署替えで、窓口の担当になったんですね。ただ、それまでに一度もお金を勘定したことのない場所にいましたので、いきなり入って、とっても苦労したんです。

テリー お札を数えるって、すごい難しそうだもんね。

半井 新人から訓練している方は、お札を扇型にサーッと広げて、5枚ずつサッサッサッと数えていくんです。

テリー 半井さんは、なかなかできなかった?

半井 はい。それで「向いてないな」と思いまして、働きながら気象予報士の専門学校に行きました。

テリー 試験を4回受けて、合格してるんだってね

半井 そうですね

テリー 3回目、4回目とよく挑戦し続けたよね。偉いね

半井 粘りはあるんですよ(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由