スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「ショウナンラグーンが巻き返す」

20141030x_2

 今週はクラシック最後の1冠「菊花賞」が京都で行われる。皐月賞馬イスラボニータが天皇賞・秋に向かうことになり、ダービー馬ワンアンドオンリーの1強ムード。だが、水戸&片山両氏は“死角あり”の判断を下した

 皐月賞、ダービーに続く、3冠最終決戦の菊花賞は、淀を舞台に長丁場3000メートルの距離で争われる。

 目下1番人気馬が3連勝で、4年連続で連対を果たしている。しかし馬単導入後の過去12年を見ると、半数の6回が、その馬単で万馬券となっている。どの馬も初めて経験する3000メートル戦は、やはり不確定要素が多く、一筋縄ではいかないということだろう。

 そこで今年の顔ぶれを見てみようか。ダービー馬ワンアンドオンリーが神戸新聞杯を制して健在ぶりを誇示したし、皐月賞2着馬トゥザワールドがセントライト記念で皐月賞勝ち、ダービー2着のイスラボニータ(天皇賞にホコ先を向け、菊花賞は出走しない)の2着に頑張り、これまた快調に秋のスタートを切った。

 おおむね既成勢力である人気どころは順調のようだから、今年も堅く収まりそうな気配ではある。

 が、実際のところどうだろう。神戸新聞杯のワンアンドオンリーは大接戦の末のアタマ差辛勝だった。競り合ったのは春の時点では一枚も二枚も格下だった相手。しかも体重はダービー時よりも4キロ減っていた。春に比べ、たくましく成長していてもよかったのだが、それが感じられなかったのだ。

 では、あわやの2着だったサウンズオブアースが地力強化したからなのか。この見方には同調しかねる。というのも、この馬もダービー以来、4カ月ぶりの実戦だったが、体重6キロ減。京都新聞杯2着時に比べると10キロも減っていたのだ。

 では、トゥザワールドかというと、能力は認めるものの、血統(母トゥザヴィクトリーは、オークス2着、エリザベス女王杯勝ち)に反して長丁場はどうなのか、という不安が拭い切れないのだ。

 そこであらためて東西両トライアルを振り返ってみる。ともに意外にも着差に大きな開きがない混戦のうちに終わった。距離が一気に延びることを思えば、そのトライアルで勝ち馬から1秒以内にふんばった馬は、それなりにチャンスがあると見ていいのではないか。穴党が期待したいのは、そうした馬たちだ。

 イチオシしたいのは、ショウナンラグーンだ。500万条件馬の身で青葉賞を制したのは記憶に新しいところ。本番のダービーでは、さすがに相手が一枚上手で、4角最後方から追い込んで見せたものの、勝ったワンアンドオンリーにはコンマ5秒及ばなかった。が、前々で競馬をした馬が勝ち負けしたことを思えば、上々の内容と評価していいのではないか。

 そのダービー以来となったセントライト記念は8着に敗れたが、余裕残しの状態、体つきで、勝ったイスラボニータにコンマ7秒差なら巻き返しがあっていい。実際、馬体が引き締まって実にいい雰囲気。1週前の追い切りも軽快だった。

 周知のように女傑メジロドーベル(オークス、秋華賞、エ女王杯)を祖母に持つ良血。距離延長は望むところである。走りっぷりから多少の道悪は問題ないと判断できるし、晴雨にかかわらず中心視したい。

 逆転候補の1番にあげたいのは、トーホウジャッカルだ。この馬も条件馬の身ながら神戸新聞杯であわやの3着(アタマ差)。よく言われるところの“夏の上がり馬”で、充実ぶりは目をみはるばかり。使いづめで馬体がやや細化気味なのが気になるところだが、スペシャルウィーク産駒で、トーホウアマポーラ(CBC賞)の弟。状態に問題がないようなら勝機は十分だ。

 穴馬としてあげたいのは、マイネルフロストだ。春に見られた折り合い面での不安が解消しつつあり、一度使われてガス抜きもできた。3000メートルはどうかと疑問視する向きも少なくないが、血統的には大丈夫。春と違ってたくましくなっており、大駆けがあっていい。

◆アサヒ芸能10/21発売(10/30号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ