スポーツ

メガホンもコップも投げ入れて…阪神ファン大暴走に「オフの12球団会議で大問題になる」

 熱狂的すぎる阪神ファンが暴挙に出たことで、他球団を巻き込む事態に発展するかもしれない。

 問題となったのは、8月18日のDeNA戦。9回の盗塁を巡る審判団の判定に、岡田彰布監督が「走塁妨害」をめぐって猛クレームをつけたのだ。抗議は受け入れられず、阪神は敗戦。

 恒例の試合後会見も「しゃべらへん!」と拒否するほど、岡田監督の怒りは収まらなかったが、それ以上に暴走したのが、レフトスタンドなどに陣取る阪神ファンだった。試合終了と同時に怒号をDeNA選手らに浴びせかけ、メガホンやプラスチックコップなどが次々とグラウンドに投げ入れられたのである。

 DeNAの選手3人がヒーローインタビューを受けている最中にもブーイングを飛ばしたり、球団歌「六甲おろし」を大合唱して妨害。お立ち台にいた宮崎敏郎が、ブーイングの方向をインタビュー途中に見る様子が中継映像にも映し出された。DeNA球団関係者が言う。

「コロナ禍以降、ファンが大人しくなったぶん、阪神ファンの目に余る行為がさらに目立つようになった。オフに12球団が集まる会議などで、複数球団から対応策が議題として上がる可能性もあるでしょう」

 プロ野球統括する日本野球機構(NPB)や他球団幹部からも、阪神ファンは以前からマークされている。NPB関係者も渋い顔だ。

「2020年から3年間は、人数制限や声出し応援の禁止などの様々な制約がある中で試合が行われました。どの球団も注意喚起に対し、ファンはある程度、従っていました。ですが甲子園球場や京セラドーム大阪では、いくら呼びかけても阪神ファンがルールを守らず、テレビ中継でも応援歌を合掌する音声がはっきりと確認できたほど。他球団の幹部から『マナーが悪い』『行儀が悪い』と阪神側にクレームが殺到していました」

 この時、対応にあたった当時の谷本修球団本部長は、関係各所からの問い合わせに真摯に応じることなく、

「オフレコの場所では『なんでそんなこと言われなあかんねん』と逆ギレしていました。結果として現場を放置し、見過ごすことになったのです。そんな人物が今でもタイガースや阪神電鉄のエンタメ部門の総責任者として、電鉄の取締役に名前を連ねている。責任は重いですね」(在阪メディア関係者)

 今回の件も起こるべくして起こり、醜態をさらしてしまった。トップクラスの人気を誇る阪神に「まともな対応」が求められている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え