スポーツ

阪神・岡田監督「二盗憤死」猛抗議にOBも悩む「走者側」「守備側」の言い分

 8月18日に行われたDeNA戦(横浜)での盗塁を巡る判定を不服として阪神が日本野球機構(NPB)に提出した意見書について、NPBの杵渕和秀セ・リーグ統括が20日、横浜スタジアムを訪れ岡田彰布監督らに回答した。

 問題となったのは9回表、一死一塁から阪神・熊谷敬宥内野手の二盗が阻止された場面。ベースカバーに入ったショート・京田陽太の足が二塁ベースを塞ぎ走者と接触。当初セーフ判定だったが、DeNA三浦大輔監督がリクエスト。その結果を敷田直人責任審判が「セカンドで走者と野手が接触しましたが妨害とはいたしません。よってアウト」と場内に説明。これに岡田監督は5分間近くの猛抗議を行っていた。

 杵渕統括は判定を「尊重する」との立場を示した上で「審判の判定基準に手をつける。走塁妨害をとるとか、今後はそういうことも出てくる」と今後ルール改正の検討していくことを明かした。

 岡田監督は試合後、

「オレの言うたことがちょっとは検討することになったんちゃう。どうみてもアレやんか。アレをOK言うたら、みんなあの練習するよ。みんな(走者の進路を塞ぐ形で)座り込んでボール捕るよ。そんなん当たり前のことやんか」

 と話している。

 この問題について各野球解説者はどう見解を述べているか。

 高木豊氏はプロ野球ニュース(フジテレビ=CS放送)で、

「走ってきた人間としては、あんなところに足があったら『妨害だろ!』と思います。僕は二塁手として盗塁を刺しにも行っていたじゃないですか。その面からすると、『これは仕方ないよ』と思う」

 と、走塁側、守備側双方のことを考えると複雑であるとしている。また田尾安志氏は自身のYouTubeチャンネルで「走塁妨害」として、こう見解を述べている。

「もし(京田選手の)足がなかったら熊谷とタッチ、どっちが速かったのか。そういうふうに審判は見ないといけないと思う。僕が見るかぎり、足がなければ熊谷のほうが多分ベースタッチが速かった」

 ほか谷佳知氏などはデイリースポーツで「あれがアウトになるなら走者はつらい」としていた。現状、危険な衝突を禁止するコリジョンルールは本塁のみで、ほかの塁では適用されていない。そのため今回はセーフとなったが、今後、本塁以外でも適用される可能性も出てきた。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男