芸能

仲里依紗 好スタートのドラマでキャラが原作と違う理由

20141024naka

 視聴率14.3%と好スタート切った綾瀬はるか主演のドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)。藤村真理の人気漫画が原作だ。

「やはり漫画のドラマ化という事で、放送前から『原作のイメージと違う』という声がありました。内容も、原作では主人公が酔って初体験し、記憶がほぼないのですが、ドラマでは主人公の意思で初体験するなど所々違います。また、原作より脇役が目立ちますね。ですが、放送前、一番『違う』と言われていた田之倉悠斗役の福士蒼汰は、『実際観てみると1番合ってるかも』という声が多く、朝尾侑役の玉木宏に至っては『原作よりいい』なんて声もあり、綾瀬さんが演じる主人公・青石花笑も『原作よりこじらせてる』『美人なのによく演じてる』と悪くありません。概ね『原作とは違うが、これはこれでいい』という評価だと思います」(テレビ局社員)

 そんな中、『いちばん違う』と言われているのは、仲里依紗が演じる大川瞳だ。

「原作では主人公との対比で、男ウケする天然のふわふわした感じの女の子ですからね。ドラマでも一応、職場のアイドルという事ですが、元ヤン風のちょっと怖いお姉さんという感じで、かなり違います。なぜこうなったかというと、原作よりも仲里依紗さんのイメージに近付けたからなんです。連続ドラマの脚本は、プロデューサーのダメ出しが容赦なく入り、何度も書き直されます。その過程で、当初は原作寄りだったキャラが、どんどん仲さん寄りに変えられていった。実際の仲さんというよりも、今までのドラマでの役柄等を踏まえたイメージですね。脚本家の金子茂樹さんは日本テレビではほとんど書いた事がないので、それも影響してるでしょう。とにかく役に影響する程、彼女のイメージが強いという事です」(前出・テレビ局社員)

 原作との比較はつきもの。良い意味で原作ファンの予想を裏切る作品になってもらいたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」